@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

間接金融・直接金融【かんせつきんゆう・ちょくせつきんゆう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

間接金融・直接金融
かんせつきんゆう・ちょくせつきんゆう
indirect financing and direct financing
経済主体のうち経常的な余裕資金をもつもの (たとえば多くの家計) から,経常的な資金不足をもつもの (企業や中央・地方政府の多く) に,貸借証券市場を通じて直接に資金が供与されることを直接金融といい,金融仲介機関を経て資金が供与されることを間接金融という。第2次世界大戦後の日本の金融構造の特徴として間接金融比重の過大という点があげられるが,これは企業の銀行借入 (間接金融) 依存度が高いことをさす。国民経済的には資本主義経済発展につれて政府と家計の間接金融依存度が高まるので,アメリカや西ヨーロッパ諸国でも間接金融の比重が日本に劣らず高くなっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

間接金融・直接金融」の用語解説はコトバンクが提供しています。

間接金融・直接金融の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation