@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

間柱【まばしら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

間柱
まばしら
stud
柱のに取付ける補助的な小で,直接に垂直荷重を支えるのではなく,体構成のため,壁下地を取付けるための下地材。柱と柱の間が離れており,壁仕切りや壁下地材が渡せないときに用いる。木造真壁造では貫 (ぬき) と組んで力骨とする。洋風大壁造では,柱の2つ割,3つ割程度の小柱を使う。鉄骨造では,普通,耐風上,形鋼またはラチス状の間柱を用いる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ま‐ばしら【間柱】
柱と柱との間に立てる小さい柱。壁下地を構成する木摺(きず)りなどを取り付けるために立てる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

間柱
大壁造の場合に、柱と柱の間に取り付けられる壁下地用の垂直材で、柱のように上部の荷重を負担する部材ではない。木造の場合は、柱を2等分、または3等分した大きさのものを40~50cm間隔程度に取り付けられることが多い。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まばしら【間柱 stud】
建築の軸組で柱と柱との間が大きく,壁の仕上材または下地の構造材が渡せないとき,柱の中間に補足して立てる垂直の構造部材。柱の二つ割または三つ割に相当する長方形断面が多い。引張りに抵抗する細筋かいはこの間柱を欠き込んで釘打ちされたり,溶接されることでその耐力壁としての強さが倍加するが,太筋かいの場合は間柱は寸断されることになる。断面が大きい柱とで軸組の主要部をつくり,間柱で間を埋めるのでなく,土台をのぞく骨組みをすべて長方形断面の板間柱だけで組んで,板繫ぎや板方杖の打ちで補強する建て方がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

まばしら【間柱】
大きな柱と柱の間に立てる柱。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あい‐ばしら あひ‥【間柱】
〘名〙 茶室で、下地窓がある壁面の真ん中に立てる竹の柱。壁の補強と野趣を出すためで、千利休が考案したもの。力竹(ちからだけ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ま‐ばしら【間柱】
〘名〙 主要な柱と柱の間に立てる小柱。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

間柱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

間柱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation