@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

間欠泉【かんけつせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

間欠泉
かんけつせん
geyser
規則的または不規則的に熱水水蒸気を吹上げる温泉。火山地域にみられる。ニュージーランドアイスランドのほか,アメリカのイエローストーン国立公園の間欠は世界的に有名。日本では宮城県鬼首 (おにこうべ) 温泉がその例。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんけつ‐せん【間欠泉】
一定の時間を隔てて周期的に噴き出す温泉。宮城県の鬼首(おにこうべ)温泉などでみられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんけつせん【間欠泉 geyser】
熱水,水蒸気あるいはなどがある時間間隔で噴出する温泉。geyserは,アイスランドのゲイシルgeysir(噴出という意味)と呼ばれていた間欠泉に由来する。アメリカのイェローストーン,ニュージーランドのロトルアおよびアイスランドは間欠泉で有名。日本では小規模のものが宮城県鬼首(おにこうべ),大分県別府にある。かつて静岡県熱海に大と呼ばれた間欠泉があった。1923年9月1日の関東大地震の数ヵ月前から顕著な前兆異常を示し,地震前日には40分にもわたる噴出を続けた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんけつせん【間欠泉】
一定の時間をおいて周期的に湯やガスを噴き上げる温泉。宮城県鬼首おにこうべや北海道の登別、米国のイエローストーン公園などのものが有名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

間欠泉
かんけつせん
geyser
湧出(ゆうしゅつ)と停止を交互に繰り返す温泉を広い意味で間欠泉という。しかし厳密には、沸騰温度の熱水と水蒸気の混合物を周期的に噴出する間欠沸騰泉をさし、それ以外のものは間欠冷泉、間欠泡沸泉などという。
 間欠泉には、天然によるものとボーリングによってできたものとがあるが、両者ともに比較的寿命が短く、熱海(あたみ)大湯間欠泉(静岡県)、鬼首雌釜(おにこうべめがま)間欠泉(宮城県)など昔の有名な間欠泉はいまはない。外国には、アメリカ合衆国イエローストーン国立公園のオールド・フェイスフル間欠泉、ニュージーランドのロトルアのポフツ間欠泉、アイスランド南西部ハウカダルールのストロックール間欠泉など、勢いの強いものが現存する。
 日本には現在、北海道の羅臼(らうす)、鹿部(しかべ)、宮城県の鬼首、長野県の上諏訪(かみすわ)、大分県の別府(べっぷ)などにボーリングによるものが存在する。間欠泉の噴出状況は各間欠泉で異なるが、だいたい共通して次のような噴出状況を示す。まず噴出が近づくと水位がしだいに上昇し、気泡がたくさん出るようになる。次に少量の湯が静かに湧出し、さらにかなりの量の湯が数回噴出してから突然爆発的な噴湯がおこる。熱水と水蒸気の激しい噴湯を数回繰り返したのち、しだいに勢いを弱め、噴湯が止まると水位は地表下に下がってしまう。このとき、もし孔口上に温泉水のたまった池があると、その水は孔口内に逆流する。このようにして1回の噴出が終わると、普通は次の噴出開始までまったく静かな休止期間が続く。なかには休止期間中にも少量の湯を湧出し続けるものもある。噴出時間と休止時間をあわせたものが間欠泉の周期である。周期は数分から数時間までいろいろあるが、なかには数か月おきに噴出するものもある。間欠泉では、噴出水の化学成分も、噴出の各段階で変化することが知られている。
 間欠泉の機構の説明として次の三つの説がある。
(1)空洞説 熱水の湧出途中に空洞があり、そこで熱水がさらに周囲から加熱されて沸騰し、水蒸気圧がその深さでの静水圧以上になると、空洞中の熱水を押し出して噴出する。噴出により多量の水蒸気が発生すると、蒸発熱によって空洞中の温度が低下し、水蒸気圧が静水圧以下になって噴出が止まる。この説では、噴出水量は空洞の大きさによって決まる。
(2)垂直管説 鉛直に近い湧出管があり、ある深さの水温が沸騰点に達すると、そこで沸騰がおこり、それより上部の水柱を噴出する。もし熱源が最初に沸騰のおこる深さにあって、それ以深の水温が沸騰温度よりかなり低いときには、噴出後湧出管は、下方から上昇してきた低温の水で満たされて、それが沸騰温度にまで加熱されるに要する時間が休止時間となる。この説では、1回の噴出量は加熱部以浅の管内の水量であるから、一般に少ない。
(3)熱水型間欠泉 温泉の湧出管はほぼ鉛直で細く長く、下部は熱水層に達している。熱水の温度は湧出口における沸騰温度よりは高いが、熱水層の深さでの沸騰温度よりは低い。沸騰開始前は静止水頭は湧出口より高く、初めは沸騰しない湯が静かに湧出するが、下方の温度の高い熱水が湧出口に達すると、沸騰して激しく噴出する。しかし熱水湧出の結果、静止水頭が漸次低下し、水面での圧力がその温度での飽和圧力より大きくなれば沸騰はしなくなり、噴出は停止する。次に静止水頭がしだいに回復し、湧出口の高さに達するまでの時間が休止時間である。この説では、ほかの二つの説のように、熱水の温度よりも周りの地層の温度のほうが高い必要はない。[湯原浩三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

間欠泉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

間欠泉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation