@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

間狂言【あいきょうげん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

間狂言
あいきょうげん
(1) のなかで狂言方が担当する役およびその演技。能間,また (あい) ともいう。最も代表的なものは一の能の前半が終って,中入りの間に演じる。多くは所の者として登場し,曲の内容を語る語間 (かたりあい) で,居語 (いがたり) は舞台の中央にすわってワキを相手に故事を語り,立語 (たちがたり。立シャベリ,シャベリともいう) は常座 (じょうざ) に立ったまま曲の経過を物語り,伝令役の早打 (はやうち) 間と,末社 (まっしゃ) の神として出る末社間とがある。またシテ,ワキとともに演じる会釈 (アシライ ) 間がある。間狂言だけを独立した狂言として演じるものもある。
(2) 歌舞伎人形浄瑠璃で,幕の間に演じられる軽い出し物のことをいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あい‐きょうげん〔あひキヤウゲン〕【間狂言】
1曲を演じる場合、狂言方が加わって受け持つ部分。また、その役柄語り間(あい)・会釈間(あしらいあい)などがある。能間(のうあい)。間(あい)。間の狂言
間(あい)の狂言2」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

間狂言
能の曲の中に狂言が入ること。普通は同じ舞台で交互に演じられる。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

あいのきょうげん【間狂言】
(1)能では,シテの中入のあと狂言方が出て演じる部分をいうが,能のアイ(間狂言)のみならず近世初頭の諸芸能では,たて物の芸能の間々に,種々の雑芸が併せて演じられた。それを〈アイの狂言〉または〈アイの物〉と呼ぶ。歌舞伎踊や浄瑠璃操り,幸若舞放下(ほうか),蜘(くも)舞などの諸芸能の間でも,それぞれ間狂言がはさまれ,物真似(ものまね)狂言,歌謡軽業,少年の歌舞などが演じられた。なかでも一番多く演じられたものが物真似狂言であり,演者は歌舞伎の座に主に所属する狂言方,後に明暦・万治頃から道化と呼ばれた人たちである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

あいきょうげん【間狂言】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あいきょうげん【間狂言】
能一曲の演奏で、狂言方の受け持つ部分。シテの中入りの間に登場して曲の主題を説明する語り間あいが最も一般的。他にシテ・ワキ・ツレなどと応対する会釈間あしらいあい、一曲の初めに登場して語る口開間くちあけあいなどがある。間の狂言。能間のうあい

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

間狂言
あいきょうげん
能のなかで狂言方が担当する部分。その役をアイという。「語リ間(かたりあい)」「アシライ間(あい)」「劇間(げきあい)」に大別できる。語リ間のうちもっとも多いのが、シテの中入リの間に所の者などとして出、ワキの要請に応じ座って一曲の主題や関連する話題を語る「居語(いがた)リ」である。これに対し末社の神(まっしゃのしん)などが立ったまま社寺の縁起などを語るのを「立語(たちがた)リ」といい、変事の急を告げる「早打チ間(はやうちあい)」やアイの語リによって能が始まる「口開ケ間(くちあけあい)」も立語リに含まれる。アシライ間はシテやワキなどと演技的交渉の深いものである。劇間は複数のアイが出て、能の他の役とはかかわりをもたず、アイ同士が能のなかで演ずる寸劇をいう。また常と異なる特殊演出は「替間(かえあい)」とよぶ。アイはほとんどが所の者、太刀持(たちもち)、能力(のうりき)、末社の神など身分の低い役であるが、能の一役として曲の雰囲気を左右するので軽視できない。なお、能の現行曲約240番のうち40番ほどの曲には間狂言がない。[小林 責]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あい‐きょうげん あひキャウゲン【間狂言】
〘名〙
① 能一曲を演ずる場合、狂言方が受け持つ部分。前シテの中入りの間に、狂言師が主題について説明する「語間(かたりあい)(しゃべり間)」と、一曲の中で劇を構成する人物として一つの軽い役を受け持つ「あしらい間(あい)」とに大別される。あいのきょうげん。あい。
※わらんべ草(1660)五「惣じて、間狂言によらず、一番一番に、少づつにても習(ならひ)なき事はなし」
② 人形浄瑠璃、歌舞伎などで、一つの演目中または二つの演目の中間に演ぜられる狂言、または喜劇的な寸劇。あいのきょうげん。
※評判記・野良立役舞台大鏡(1687)服部次郎右衛門「六郎右衛門殿と申てちんさいと相狂言(アイキャウケン)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あい‐の‐きょうげん あひのキャウゲン【間狂言】
〘名〙
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生とその兄弟「合(アヒ)の狂言の後に更に『熊坂』と云ふのを見て」
※竹豊故事(1756)下「京大坂の芝居に野呂間麁呂間麁呂七麦間等と名を付道外たる詞色をなし、浄るり段物の間の狂言をなしたり」
③ 歌舞伎で、陰暦一一月上演の顔見世狂言と、翌年正月の二の替わりとの間に興行される狂言。
※洒落本・廓宇久為寿(1818)前「一寸(ちょっと)、あひの狂言(キャウゲン)に、忠さんお盃」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

間狂言」の用語解説はコトバンクが提供しています。

間狂言の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation