@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

間着・合着【あいぎ】

精選版 日本国語大辞典

あい‐ぎ あひ‥【間着・合着】
〘名〙
① 衣服と衣服の間に着る衣服。
(イ) 中古、打掛姿のときに、打掛の下に着ける重ね着の中でいちばん上の衣服。近世では、奥女中などの打掛と下着との間に着る、「間赤(あいあか)」「間黄(あいぎ)」「間白(あいじろ)」の類。
(ロ) 近世、一般には、上着と肌着の間に着る衣服。
※洒落本・禁現大福帳(1755)三「肌衣相着(アイギ)は色々を装ひ」
(ハ) 女物の紋付三枚がさねの中に着る赤色のもの。
(ニ) 胴着の類。
※随筆・反古染(1753‐89頃)「安永の頃〈略〉胴著と号し、〈略〉襟袖なしの間著也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

間着・合着」の用語解説はコトバンクが提供しています。

間着・合着の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation