@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

間鴨・合鴨【あいがも】

大辞林 第三版

あいがも【間鴨・合鴨】
アオクビアヒルとマガモを交配させたもの。肉を食用とするほか、カモ猟のおとりにする。アヒルガモ。ナキアヒル。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あい‐がも あひ‥【間鴨・合鴨】
〘名〙
① 鳥の名。マガモとアヒルの雑種で、姿や羽の色はマガモと区別しにくい。関東地方南部で飼育。食用のほか、カモ猟のおとりに使われる。あひるがも。なきあひる。ささやきあひる。〔語彙(1871‐84)〕
② (鴨のない時季に代用することから) 夏季食用とするアヒル。また、その肉。
※落語・お蕎麦の殿様(1894)〈禽語楼小さん〉「鴨南蛮も必ず本鴨は用ひません。〈略〉相鴨(アヒガモ)を用ひます。即ち鶩(あひる)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

間鴨・合鴨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

間鴨・合鴨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation