@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

関中【カンチュウ】

デジタル大辞泉

かん‐ちゅう〔クワン‐〕【関中】
中国陝西(せんせい)省中部、渭水(いすい)盆地一帯の称。函谷関(かんこくかん)など、四つのの中にあったところからの名。自然の要害をなし、長く政治・軍事的中心となり、の都の咸陽・隋・の都の長安などが建設された。土地が肥沃で、農業発達

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんちゅう【関中 Guān zhōng】
中国,陝西省の渭河平原のこと。東は函谷関,西は隴(ろう)関までの間,また東は函谷,南は武関,西は散関,北は蕭関に通ずる地域なのでその名が生まれたといわれ,関内というのと同義である。軍事的に要害であるほか,西方はシルクロードにつながり,南は四川に至る交通の要地でもある。秦・漢,隋・唐の国都長安はその中心を占める今日の西安におかれた。秦・漢時代に水利灌漑施設が発達し〈金城千里,天府之国〉と称せられた。【日比野 丈夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

関中
かんちゅう / コワンチョン

中国、陝西(せんせい/シャンシー)省中央部をさす歴史的地名。元来、戦国時代に秦(しん)の設けた函谷関(かんこくかん)(現河南(かなん/ホーナン)省霊宝(れいほう)県の北東、黄河(こうが/ホワンホー)が峡谷をなす所にあった)より西部をいう。陝西省北部や秦嶺(しんれい/チンリン)山脈以南をも含んで用いられたこともあるが、一般には渭河(いが)平原一帯をさし、関中平原ともいう。南北を台地や山地でくぎられ、東西に狭隘(きょうあい)の地をもつ地形は、自然の要害をなし、古代、中世を通じ、中国北部で軍事的、政治的にもっとも重要な地域の一つであった。新石器時代から仰韶(ぎょうしょう)文化が栄え、秦が咸陽(かんよう/シエンヤン)を国都としてより、歴代の国都のある地域であったため、文化遺跡も非常に多い。黄土に覆われた土地は肥沃(ひよく)で、古くから農業開発が進み、とくに渭河沖積地は灌漑(かんがい)水路も整備され、小麦、綿花を中心とした一大生産地となっている。西安(せいあん/シーアン)市、咸陽市をはじめとした都市も発達し、陝西省でもっとも人口稠密(ちゅうみつ)な地域でもある。

[秋山元秀]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐ちゅう クヮン‥【関中】
[一] 中国北部の陝西省の渭水盆地一帯の呼び名。函谷関、武関、散関、蕭関の四つの関の中に位置するところからいう。中国文明発祥地の一つで、山河の険と地味豊かなため、周の都である鎬京(こうけい)、秦の都である咸陽(かんよう)、漢・隋・唐の都である長安が置かれた。
[二] 中国、陝西省の古名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

関中
かんちゅう
中国北東部,陝西 (せんせい) 省中央部にある渭 (い) 水盆地の呼称
東は函谷 (かんこく) 関,西は隴 (ろう) 関,南は武関,北は蕭 (しよう) 関の4関に囲まれているので,こう呼ばれる。地味も豊かで,西方交通の要地であるため,周の鎬京 (こうけい) (西安),秦の咸陽 (かんよう) ,漢の長安などの都はここに置かれた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

関中
かんちゅう
ウェイ(渭)河平原」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関中」の用語解説はコトバンクが提供しています。

関中の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation