@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

関係モデル【かんけいもでる】

世界大百科事典 第2版

かんけいもでる【関係モデル】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

図書館情報学用語辞典

関係モデル
1970年にIBM社のコッド(Edgar F. Codd 1923-2003)が提唱した,データを関係と呼ばれる二次元の表形式で表現するデータモデル.表の列(フィールド)を属性(アトリビュート),行(レコード)を組(タプル)という.関係モデルに基づくデータベースは関係データベース(またはリレーショナルデータベース)と呼ばれ,広く普及している.関係モデルは理論的には数学の集合論を基盤としており,n個の属性からなる関係表は,数学的なn項関係の実現値として捉えることができる.表を扱う関係代数として,和,積,差などの集合演算,結合,射影,選択などの関係演算が定義されている.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関係モデル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

関係モデルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation