@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

関心【かんしん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

関心
かんしん
Sorge
ハイデガーの基礎存在論の根本概念で,「憂慮」「懸念」とも訳される。世界内存在としての現存在 (人間存在) のもろもろの様態の構造の統一を彼は「関心」と名づける。それは「 (内世界的に見出される存在者の) もとでの存在としての,自己にすでに先立つ (世界) 内存在」と規定される。自己に先立つことのうちに未来,もとでの存在 (頽落) のうちに現在,既存在 (被投性) のうちに過去と,3重の時間方位が暗示されている。 (→決意性 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かん‐しん〔クワン‐〕【関心】
ある物事に特に心を引かれ、注意を向けること。「政治に関心がある」「幼児教育に関心が高まる」「周囲の関心の的」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かんしん【関心】
スル
物事に興味をもったり、注意を払ったりすること。気にかけること。 政治に-をもつ 立君定憲と共和の二様にして、其得失如何いかんは学者の最も-する所にして/福翁百話 諭吉

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐しん クヮン‥【関心】
〘名〙
① (━する) ある事柄に特に心をひかれること。興味を持つこと。気にかけること。〔布令字弁(1868‐72)〕
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉付録「塵世の事に関心(クヮンシン)する勿(なか)れ」 〔鮑照‐代堂上歌行〕
② 注意を向けて、一定方向に行動を導いてゆくこと。心理学や教育学では、興味と同じ意味で用いられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関心」の用語解説はコトバンクが提供しています。

関心の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation