@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

関東地震【カントウジシン】

デジタル大辞泉

かんとう‐じしん〔クワントウヂシン〕【関東地震】
相模トラフ沿いを震源とし、約200年~400年周期で繰り返し発生する地震。マグニチュード8程度のプレート境界地震であり、元禄地震および関東大震災の大正関東地震が知られる。関東大地震

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

関東地震
かんとうじしん

1923年(大正12)9月1日午前11時58分、神奈川県小田原付近を震央として発生した地震。規模はM7.9。震源域は小田原から相模トラフ(さがみとらふ)沿いに南東に約100キロメートルにわたっている。このような巨大地震のエネルギーが蓄えられるには100年以上かかると考えられている。木造家屋全壊率が高かったのは、神奈川県の相模湾沿岸と房総半島南部で、所によっては50%以上に達した。東京では約4%であった。地震後各地で火災が発生し、東京での焼失面積は約38.3平方キロメートルで、本所(ほんじょ)被服廠(しょう)跡で焼死した人は4万4030人に達した。横浜では宅地面積の約75%にあたる9.5平方キロメートルを焼失し、6万軒が灰となった。そのほか、横須賀、鎌倉、厚木、秦野(はだの)、浦賀、小田原、真鶴(まなづる)、船形(ふなかた)(館山(たてやま)市)で大火があった。

 この地震で、神奈川県南部、房総半島中南部が隆起し、小田原付近では約2メートルに達した。隆起は北部へ行くにしたがって減り、現在の中央線沿線では逆に数センチメートルないし数十センチメートル沈降した。相模湾でも、小田原から南東に引いた線の北側は隆起し、南側は沈降した。また、房総半島南部や三浦半島に小断層がみいだされた。しかし相模トラフの北西延長にあたる国府津(こうづ)―松田断層はこの地震では動かなかったと考えられている。神奈川県の根府川(ねぶかわ)では山津波が発生し、同集落170戸全部と停車中の列車を埋めた。津波が相模湾、房総半島南部を襲ったが、被害はなかった。

[宇佐美龍夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関東地震」の用語解説はコトバンクが提供しています。

関東地震の関連情報

関連キーワード

マイケル フェルプスライアン ロクテライアン ロクテアーロン ピアソルアーロン ピアソルアリソン フェリックスマーリーン オッティカースティ コベントリーカースティ コベントリーマイケル フェルプス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation