@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

関東大震災【かんとうだいしんさい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

関東大震災
かんとうだいしんさい
1923年9月1日午前11時58分44秒,相模湾で起こった大地震関東地震)による災害。この地震マグニチュードM)は 7.9。震央相模湾の北西部。家屋倒壊率の高かった地域は湘南地方三浦半島,房総半島南部であるが,震災は東京を中心に千葉,埼玉,静岡,山梨,茨城,長野,栃木,群馬の各県に及んだ。死者・行方不明者は従来,約 14万2000人あまりとされてきたが,近年の調査研究で 10万5000人程度であることがわかった。建物被害は,全壊約 13万棟,半壊約 13万棟,焼失約 45万棟。特に被害の大きかった東京では死者は 6万人をこえたが,これはおもに 122ヵ所から発生した火災によるものとみられた。地震に伴って大きな地殻変動があり,東京都内の水準点を不動点として,大磯 182cm,葉山 94cm,油壺 139cm,館山 157cmの隆起が記録された。丹沢山地では約 1mに及ぶ沈降がみられた。地盤の水平移動は相模を中心に時計回りの方向に認められ,最大水平移動量は 4m近くに達した。山岳部では丹沢,伊豆,箱根などで山崩れが頻発し,山津波が起こり,断層ができ,海岸部では津波が発生した。この地震は,その後の地震研究,地震対策の大きな契機となった。
地震の翌 9月2日午後,東京市と府下 5郡に戒厳令(→戒厳)が布告され,9月3日には神奈川県下にも範囲が拡大された。この震災は組閣中のことであり,9月2日夕,急ぎ山本権兵衛内閣の親任式が行なわれ,9月7日に山本内閣は「治安維持ノ為ニスル罰則に関スル件」という緊急勅令第403号を公布,治安維持に努めた。9月9日には 3万2000人が焼死した本所被服廠で合同法要が行なわれた。政府は治安が乱れた背景に朝鮮人社会主義者がいると宣伝し,朝鮮人虐殺,大杉栄らの虐殺,亀戸事件,社会主義者弾圧などが起こった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

関東大震災
1923(大正12)年9月1日午前11時58分に発生した相模湾一帯震源とするマグニチュード7.9の巨大地震。死者・行方不明者は約10万5千人、建物の全半壊・焼失は約37万棟。日本海側にいた台風の影響で強風が吹き、東京や横浜市街地大火災となった。隅田川近くにあった旧陸軍被服廠(ひふくしょう)の広い空き地では、避難者の家財道具などが焼けて、集まった約4万人のうち約3万8千人が亡くなった。
(2014-09-01 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

かんとう‐だいしんさい〔クワントウ‐〕【関東大震災】
大正12年(1923)9月1日午前11時58分に、相模(さがみ)湾を震源として発生した大地震により、関東一円に被害を及ぼした災害。マグニチュード7.9、最大震度6。家屋倒壊に火災を伴い、全壊約13万戸、全焼約45万余戸、死者・行方不明者約14万名。震災直後混乱の中で、亀戸事件甘粕事件が起き、また、多数の朝鮮人が官憲自警団によって虐殺された。
吉村昭による記録文学作品。の被害の全容を描く。昭和48年(1973)刊行。著者は「戦艦武蔵」から本作に至る記録文学の功績により、第21回菊池寛賞を受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんとうだいしんさい【関東大震災】
1923年(大正12)9月1日11時58分,神奈川県中部から相模灘東部,房総半島南端にかけての一帯を震源域として発生したマグニチュードM7.9の大地震(関東大地震)に伴う日本史上最大の地震災害。震央は神奈川県西部の東経139.2゜,北緯35.4゜に求められているが,これは震源域の北西端に当たる。上記のマグニチュードは日本の観測資料による値で,全世界の資料を用いた表面波マグニチュードは8.2となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんとうだいしんさい【関東大震災】
1923年(大正12)9月1日正午直前、関東全域と静岡県・山梨県の一部を襲った大地震による災害。震源地は相模湾。マグニチュード7.9。死者・行方不明一四万、家屋焼失四五万、全壊一三万。混乱下に、社会主義者や朝鮮人などへの不法逮捕・虐殺事件が起きた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

関東大震災
かんとうだいしんさい
1923年(大正12)9月1日午前11時58分、関東地方南部を襲った大震災[木坂順一郎]

被害状況

震源地は相模湾北部(東経139.3度、北緯35.2度)の地点で、地震の強さは最大震度7、規模はM7.9であった。ちょうど昼食時であったため、地震による家屋の倒壊によって134か所から出火し、9月3日午後2時に鎮火した。その間、大火災のために気温が上昇、東京では1日夜半には46℃に達し、初震以来5日午前6時までに人体に感じた余震は936回を数え、各地に津波が襲来した。そのため日本の心臓部である京浜地帯は壊滅的な打撃を受け、被害は東京府を中心に神奈川、千葉、埼玉、茨城、静岡、山梨の1府6県に及んだ。東京市役所編『東京震災録 前輯(ぜんしゅう)』(1926)によれば、被災者は約340万人(1府6県の人口の29%、うち横浜市は人口の93%、東京市は人口の75%)、死者9万1344人、行方不明1万3275人、重傷1万6514人、軽傷3万5560人、全焼38万1090世帯、全壊8万3819世帯、半壊9万1232世帯、損害額は推定約55億円余にも及んだ。1922年度の一般会計予算が約14億7000万円であるのと比較すれば、その損害額がいかに莫大(ばくだい)であったかがわかるであろう。[木坂順一郎]

歴史的背景

第一次世界大戦後の日本は、対内的には、大正デモクラシー運動の高揚による民衆運動の組織化と、それに反発する右翼の台頭、原敬(はらたかし)首相暗殺と元老山県有朋(やまがたありとも)の死を契機とする天皇制支配体制の動揺、戦後恐慌による打撃などを通じて、危機が深刻化していた。また対外的には、ベルサイユ・ワシントン体制下における英米との対立の深化、朝鮮と中国の反日民族解放運動の激化、シベリア出兵の惨敗などにより国際的に孤立化しつつあった。こうした状況のもとに突発した関東大震災は、自然の大災害としてばかりでなく、経済、政治、社会の各方面に決定的な影響を与えた点に大きな歴史的意義があった。[木坂順一郎]

第二次山本内閣の救援復興活動

大震災翌日の9月2日に成立した第二次山本権兵衛(ごんべえ)内閣は、超然内閣ではあったが、後藤新平(ごとうしんぺい)内相、井上準之助(じゅんのすけ)蔵相、犬養毅(いぬかいつよし)逓相らを擁する人材内閣として登場し、同日、東京周辺に戒厳令を敷くとともに非常徴発令を発して、救援、復興活動に乗り出した。まず経済面では、7日に暴利取締令と30日間の支払猶予令(モラトリアム)を施行して経済界の混乱をひとまず回避し、11日に米穀輸入税免除令、12日に生活必需品ならびに土木建築用器具機械材料輸入税減免令、22日に臨時物資供給令および同特別会計令などの勅令を公布した。さらに政府は、27日には、震災地を支払地とする手形の再割引を日本銀行が引き受け、その際日銀が受ける損害のうち1億円を限り政府がこれを補償するという日銀震災手形割引損失補償令を公布して銀行の救済を行った。しかし日銀の震災手形割引高は、翌1924年3月末までに4億3081万円、被割引銀行は105行に上り、これが通貨膨張の要因となるとともに、のちには震災手形の多くが回収不能となり、1927年(昭和2)3月の金融恐慌爆発の直接の原因となった。また政府は、被災商工業者への融資などを行ったが、これらの資金は震災後公債と英米外債の募集によって調達され、財政圧迫の原因をつくった。
 一方復興については、遷都論の広がりによる市民の動揺を防ぐため、9月12日に帝都復興に関する詔書が出され、19日には帝都復興審議会官制、27日には帝都復興院官制がそれぞれ公布され、震災復興計画が立案遂行された。さらに12月24日には特別都市計画法が公布され、東京と横浜の都市計画が規定された。[木坂順一郎]

政治的反動と朝鮮人・中国人の虐殺

山本内閣は9月7日に治安維持令を公布して人心の動揺を抑え、11月15日まで戒厳令を解除せず、東京、神奈川、埼玉、千葉の1府3県の人民の市民的・政治的自由を完全に剥奪(はくだつ)した。大震災発生直後の9月1日午後3時以降、東京や横浜などで「社会主義者及び鮮人の放火多し」「不逞(ふてい)鮮人暴動」などのデマが広がったが、デマの出所の一部は警察や軍隊であった。恐怖におののく民衆はこれらの悪質なデマに惑わされ、各地で自警団を組織し、官憲といっしょになって多数の朝鮮人や中国人を虐殺した。自警団のなかには、警察の指導のもとに組織されたものも多かった。内務省警保局の調べによる犯人の判明している被害死者数は、朝鮮人231名、中国人3名、日本人59名であり、吉野(よしの)作造が伝える朝鮮罹災(りさい)同胞慰問班の10月末までの調査では2613名であった。しかし実際には約6000名の朝鮮人が虐殺されたと推定されている。また中国公使館の調査によれば、中国人の行方不明者は約160~170名という。さらに陸軍と警察は、混乱に乗じて社会主義者や先進的労働者の撲滅を企て、3日夜から4日未明(一説には4日夜から5日未明)にかけて平沢計七・川合義虎(かわいよしとら)ら10名の労働者が軍隊に虐殺された亀戸(かめいど)事件、16日には無政府主義者の大杉栄(おおすぎさかえ)・伊藤野枝(いとうのえ)夫妻らが甘粕正彦(あまかすまさひこ)憲兵大尉らに殺害された甘粕事件が引き起こされた。しかしこのような白色テロに対する責任追及と批判の声は全体として弱く、学者・評論家では吉野作造、三宅雪嶺(みやけせつれい)ら、政治家では田淵豊吉(たぶちとよきち)、永井柳太郎(りゅうたろう)ら少数にとどまり、労働団体では日本労働総同盟、新聞・雑誌では『東京朝日新聞』『時事新報』『中央公論』『太陽』『改造』などにすぎなかった。しかもその間、軍部と警察は、治安維持と被災者救援活動を通じて民衆の間に威信を回復し、内村鑑三(かんぞう)や美濃部達吉(みのべたつきち)らさえ軍隊や戒厳令の施行に謝意を表するという状況が支配的となった。[木坂順一郎]

大正デモクラシーの屈折と敗北

こうしたなかで財界人の間では、大震災は、近年ぜいたくと放縦に慣れ、危険思想に染まりつつある国民に対する天罰であるという「天譴論(てんけんろん)」が唱えられていた。11月10日には「国民精神作興ニ関スル詔書」が発布され、天皇は「浮華放縦(ふかほうしょう)ノ習」と「軽佻詭激(けいちょうきげき)ノ風」を戒め「質実剛健」の国民精神を作興せよと国民に呼びかけ、思想善導政策の先鞭(せんべん)をつけた。さらに12月27日の虎の門事件は、民衆の間に「主義者」に対する恐怖心と嫌悪感を植え付け、しかもこの年には、中国の旅順大連(りょじゅんだいれん)回収運動の高揚と、アメリカの排日移民法制定の動きに触発され、世論が排外主義の方向へ向かい始めた。こうして1918年(大正7)の米騒動以来高揚を続けてきた大正デモクラシー運動は、関東大震災を契機に屈折と敗北の過程に入った。その後1924年1~5月の第二次憲政擁護運動を経て、6月に第一次加藤高明(たかあき)内閣が成立し、翌1925年3月の議会で普通選挙法と治安維持法が抱き合わせで可決され、ここに政党政治が確立した。しかし政治の民主化を求めてやまなかった大正デモクラシー運動は、普通選挙法の制定によって目標の一部を達成したが、治安維持法の成立によって政治的自由の実現を阻止されて敗北し、やがて政党政治も満州事変と五・一五事件によって没落させられるに至るのである。このような後の流れをみると、関東大震災は単なる天災ではなく、歴史の流れを変える決定的な転換点となった災害であったといえよう。[木坂順一郎]
『姜徳相・琴秉洞編『関東大震災と朝鮮人』(『現代史資料6』1963・みすず書房) ▽松尾尊兌著『民本主義の潮流』(『国民の歴史21』1970・文英堂) ▽中島陽一郎著『関東大震災』(1973・雄山閣出版) ▽関東大震災五十周年朝鮮人犠牲者追悼行事実行委員会・調査委員会編『歴史の真実――関東大震災と朝鮮人虐殺』(1975・現代史出版会) ▽姜徳相著『関東大震災』(中公新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんとう‐だいしんさい クヮントウ‥【関東大震災】
大正一二年(一九二三)九月一日午前一一時五八分、関東地方を襲った大地震。マグニチュード七・九、震源地は相模湾の北西隅付近の海底。被害は東京を中心に湘南地方、三浦半島、房総半島全域におよび、死者一〇万、全壊、焼失、流失家屋五八万戸をだした。関東地震。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

関東大震災
かんとうだいしんさい
1923年9月1日,関東地方南部・静岡県山梨県を襲った地震と直後の火災
震源地は相模湾北西部。東京・神奈川・千葉南部の被害が特に著しく,家屋の全焼・全壊70万余戸,罹災者総数340万余,死者・行方不明14万人余にも及んだ。山本権兵衛内閣は戒厳令をしいて混乱収拾に努力したが震災恐慌にみまわれた。一方人心の不安が高まる中で甘粕事件・亀戸事件・朝鮮人虐殺事件などがひきおこされた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関東大震災」の用語解説はコトバンクが提供しています。

関東大震災の関連情報

関連キーワード

島津保次郎溝口健二衣笠貞之助村田実内閣総理大臣奥健蔵前田河広一郎有島武郎イノニュ帰山教正

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation