@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

関税法【かんぜいほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

関税法
かんぜいほう
昭和 29年法律 61号。明治 32年法律 61号を全面的に改正したもの。関税の確定,納付徴収および還付ならびに貨物輸出および輸入についての税関手続の適正な処理をはかるために必要な事項を定めた法律。総則,関税の確定,納付,徴収および還付,船舶および航空機,保税地域運送通関収容および留置,不服申立て,雑則,罰則,犯則事件の調査および処分などが規定される。関係法令としては,関税定率法関税暫定措置法,とん税法,通関業法,各種の特例法などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんぜい‐ほう〔クワンゼイハフ〕【関税法】
関税賦課・徴収、貨物の輸出入について、税関手続きの適正な処理を図るために定めた法律。関税定率法とならんで関税制度の基本法。昭和29年(1954)施行

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんぜいほう【関税法】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

かんぜい‐ほう クヮンゼイハフ【関税法】
〘名〙 関税行政の基本となる法律。関税の賦課、徴収および貨物の輸出入などについて、税関手続の適正な処理を図るために必要な事項を定めるもの。昭和二九年(一九五四)施行。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関税法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

関税法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation