@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

関節形成術【かんせつけいせいじゅつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

関節形成術
かんせつけいせいじゅつ
arthroplasty
運動制限や変形疼痛などの障害がある関節に対して,可動性を回復したり,疼を除去したりするための手術。たとえば関節強直の場合には,骨の癒着をはがして,その間に筋膜筋肉皮膚,人工膜などの中間挿入膜とか,合成樹脂や金属性の挿入物を入れたりする。最近では,人工骨頭人工関節による関節置換術も盛んになっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんせつけいせいじゅつ【関節形成術】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

関節形成術
かんせつけいせいじゅつ
強直して動かなくなった関節を、ふたたび動くようにする手術をいう。自分の力で関節を動かせるようにならなければならないし、また下肢の関節では支持性が同時に要求される。したがって、どんな強直に対しても行えるとは限らない。
 手術方法は、まず癒着した関節端をはがして新しい関節端をつくり、この関節端が癒着するのを防ぐために筋膜、人工膜、あるいは合成樹脂や不銹(ふしゅう)金属でつくった人工関節帽を挿入する。また人工骨頭置換術といって、骨頭切除後に人工骨頭を入れて関節機能を再建する方法も行われる。股(こ)関節に対して大腿(だいたい)骨骨頭を置換するのが代表的なものである。さらに関節置換術といって、関節端を切除して合成樹脂または不銹金属でつくった人工関節で置換する手術も、股関節や膝(しつ)関節などに対してしばしば行われる。手術後は、機能回復のために十分な機能訓練を行うことが必要である。[永井 隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関節形成術」の用語解説はコトバンクが提供しています。

関節形成術の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation