@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

関節鏡【かんせつきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

関節鏡
かんせつきょう
arthroscope
関節内腔,特に膝関節をのぞいて見るための内視鏡。通常,生理食塩水などを注入して関節腔をふくらませながら観察する。関節炎関節結核,特に半月板損傷診断に役立つ。最近は関節鏡を使いながら手術生検も行われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんせつきょう【関節鏡 arthroscope】
関節腔の内部を観察するための内視鏡一種。関節鏡の研究は日本では1920年に高木憲次によって始められ,その後渡辺正毅らの努力によって世界に先駆けて実用的な関節鏡が開発された。関節鏡検査arthroscopyは,光源鏡筒からなる細い筒を小さな皮膚の切開部から挿入し,関節腔内に生理食塩水を満たした状態にして内部をのぞいて行う。最近まではひざの関節に限って行われていたが,器械進歩によってひじや肩,あるいは足などの小さな関節の内腔をものぞくことが可能になった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

関節鏡
かんせつきょう
関節用の内視鏡で、関節内部を直視する方法として関節鏡検査が行われる。麻酔下に小切開部から細い筒(光源と鏡筒)を挿入し、生理食塩水を関節腔(くう)内に満たした状態で観察する。膝(しつ)関節に多用され、カラー写真の撮影も可能で、組織を切除することもできる。関節内の絨毛(じゅうもう)、血管、軟骨の状態がわかり、関節内損傷の有無、部位、程度などを確認できるし、関節炎症の鑑別などにも有力な検査方法である。
 なお、関節鏡の研究は世界に先駆けて日本で開発された。1918年(大正7)高木憲次(けんじ)(1888―1963)の創意により、膀胱(ぼうこう)鏡を改良した関節鏡の試作第1号がつくられ、1959年(昭和34)には渡辺正毅(まさき)らによって21号関節鏡が開発された。また、1970年に24号関節鏡が開発されて、膝関節のほか、ほとんどすべての関節が観察できるようになった。[永井 隆]
 近年では小型撮像素子(CCD)を組み込んだ関節鏡も使われている。半月板の部分切除などの簡単な手術だけでなく、十字靱帯(じんたい)の再建、肩関節の脱臼(だっきゅう)、関節唇損傷などの手術にも利用されている。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関節鏡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

関節鏡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation