@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

関羽【かんう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

関羽
かんう
Guan Yu; Kuan Yü
[生]?
[没]建安24(219)
中国,三国時代蜀漢武将河東 (山西省) の人。は雲長。劉備に従い,張飛とともにその経営を助けた。かつて曹操に捕えられたが,厚遇された。彼は袁紹の部将顔良を斬って曹操のに報いたのち,劉備のもとに帰った。以後常に劉備を助け,その政権の確立のために努力した。劉備が益州を経略したときには荊州 (湖北省) を守っていたが,曹操と孫権両者からはさみ撃ちされ,呉軍に捕えられ殺された。『三国志演義』のなかで劉備の忠臣として活躍するが,事実が潤色されている。特に宋時代 (五代のあとの) になると,関羽をまつる関帝廟は武神をまつる武廟の主神となり,関羽の信仰はのち,ますます広まった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かん‐う〔クワン‐〕【関羽】
[?~219]中国、三国時代蜀(しょく)の武将。河東(山西省)の人。字(あざな)は雲長。張飛とともに劉備(りゅうび)を助け、赤壁の戦いに大功をたてたが、のちに捕らえられて死んだ。後世、軍神として各地の関帝廟(かんていびょう)に祭られた。
歌舞伎十八番の一。藤本斗文作。元文2年(1737)江戸河原崎座の「閏月仁景清(うるうづきににんかげきよ)」一番目大詰めで2世市川団十郎初演。現在、脚本廃滅

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんう【関羽 Guān Yǔ】
?‐219
中国,三国蜀(しよく)の建設者である劉備(りゆうび)に協力した勇将。字は雲長。郷里から逃げて,涿県(たくけん)(北京市南西)にいた劉備の部下となり,同僚の張飛とともにこれを護衛して,後漢末の群雄割拠する中を各地に転戦した。劉備は彼らを兄弟のように遇し,関羽らは恩義に感じて身命をなげうつ。200年(建安5),劉備が曹操れたとき,関羽は捕らわれたが,曹操の礼遇を受けると,今度は曹操の大敵袁紹(えんしよう)の部将を討ちとって恩義を返し,そのまま再び劉備のもとに帰って献身する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

関羽
かんう
(?―219)

中国、三国蜀(しょく)の武将。河東解(山西省臨晋(りんしん)県)の人。字(あざな)は雲長。諡(おくりな)は忠義侯。解には塩池があるから、塩業関係の仕事に従事していたのかもしれない。亡命して涿(たく)郡(河北省)にきて、劉備(りゅうび)や張飛(ちょうひ)と知り合った。桃園で3人が義兄弟の約束を結んだことが小説『三国志演義』にみえるが、それに近いことはあったろう。劉備が起兵すると羽も参加し、寝食をともにした。200年、曹操(そうそう)と劉備が戦い、備は敗れ、羽は操に捕らえられた。操は羽を礼遇して帰順を勧めたが、羽は操と袁紹(えんしょう)との戦いに、紹の将である顔良の首を斬(き)って、これを置き土産(みやげ)に備の所に帰った。やがて備とともに荊州(けいしゅう)に赴き、曹操が南下してくると、ここを逃れたが、ついで起こった赤壁(せきへき)の戦い(208)では、水戦で敗れた操の軍を陸上に待ち受けて撃ち破った。劉備が諸葛亮(しょかつりょう)や張飛らと蜀に入ったのちも、彼は荊州の留守(りゅうしゅ)を命ぜられ、江陵を基地とした。219年、劉備が漢中王になったのを機に、北上して曹操の部将である曹仁を攻めて樊城(はんじょう)(河南省襄樊(じょうはん)市)を囲んだ。しかし、荊州領有をもくろむ孫権(そんけん)が、操と同盟して背後を襲ったので、樊城陥落を目前に南に引き揚げたが、ついに臨沮(りんしょ)(湖北省南漳(なんしょう)県)において、子の関平とともに戦死した。

 関羽は美しい髯(ひげ)の持ち主で、諸葛亮も彼を髯の愛称でよんだ。また彼は武勇に優れていたばかりでなく、好んで『春秋左氏伝』を読んだ。しかし人を見下すことがあり、人の恨みを買うこともあった。死後、軍神、財神として祀(まつ)られている。

[狩野直禎]

『宮川尚志著『諸葛亮』(1940・冨山房)』『狩野直禎著『諸葛孔明』(1966・新人物往来社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐う クヮン‥【関羽】
[一] 中国、三国時代、蜀漢の武将。河東の人。字(あざな)は雲長。劉備(りゅうび)に仕え、赤壁の戦いで曹操(そうそう)の軍を撃破。劉備の益州攻略の際、荊州を守備し、魏と呉のはさみうちにあって敗死した。後世、武神として関帝廟(びょう)にまつられた。二一九年没。
[二] 歌舞伎十八番の一つ。時代物。一幕。藤本斗文、中村藤橘合作。元文二年(一七三七)江戸河原崎座の顔見世狂言「閏月仁景清(うるうづきににんかげきよ)」一番目大詰で二世市川団十郎が初演。悪七兵衛景清が張飛に扮して範頼の館に忍び込むと、畠山重忠が関羽に扮し白馬に乗って現われ、張飛の正体を見破る。初演時の脚本は廃滅。
[三] 歌舞伎所作事。常磐津。三世坂東三津五郎の七変化「七枚続花の姿絵」の一つ。文化八年(一八一一)江戸市村座初演。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

関羽
かんう
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
補作者
河竹新七(3代) ほか
初演
文化8.3(江戸・市村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関羽
(通称)
かんう
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
閏月仁景清 など
初演
元文2.11(江戸・河原崎座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関羽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

関羽の関連情報

関連キーワード

クレオメネス[3世]クレオメネス3世光合成阻害型除草剤長野県の要覧住宅セーフティーネット郡山市議の待遇NCAA(全米大学体育協会)真脇遺跡朝鮮人の遺骨返還災害支援ナース

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation