@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

閣下【カッカ】

デジタル大辞泉

かっ‐か〔カク‐〕【閣下】
《高殿(たかどの)の下(もと)の意。高貴な人を直接いうのをはばかり、その居所をさしていう語》高位高官の人に対する敬称。多く、将官の軍人や勅任官以上の文官に対して用いた。
[補説]作品名別項。→閣下

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かっか【閣下】[書名]
北条秀司の戯曲集。昭和15年(1940)刊。第4回新潮社文芸賞受賞。表題作のほか高砂」「藤壺」などの作品を収める。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

閣下
1940年公開の日本映画。監督:今井正、原作:北条秀司による同名戯曲、脚本八住利雄、撮影:三浦光雄。出演:大河内伝次郎丸山定夫水町庸子、三谷幸子ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かっか【閣下】
が原義 身分や地位の高い人を敬っていう語。もと勅任官・将官以上の者に用いた。単独で代名詞のようにも用いる。
高殿たかどののもと。 或は楼上、もしくは-に/正法眼蔵随聞記

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かっ‐か カク‥【閣下】
〘名〙
① 高殿の下。転じて、天子、大臣など高貴な人のそば。
※正法眼蔵随聞記(1235‐38)一「只悟道の未(いま)だしきことを愁て、或は楼上、若(もしく)は閣下に、考妣(こうひ)を喪(も)せるが如くにして道を思ふなり」 〔漢書‐厳延年伝〕
② 高位、高官の人を敬って、その名の下に付けて用いた語。日本では、旧勅任官や将官以上の人を敬って、単独で代名詞のようにも用いた。〔新撰字解(1872)〕
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉五「全体の状況に於て東郷閣下に似て居るのみならず」 〔韓愈‐上宰相書〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

閣下」の用語解説はコトバンクが提供しています。

閣下の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation