@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

閣議【かくぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

閣議
かくぎ
cabinet meeting
内閣が合議体として意思決定するための会議内閣総理大臣が議長となり各大臣から提出された案件を討議する。通常非公開で,決定は全員一致の形式をとる。提出される案件は次官会議で事前に各省間の意見を調整し,合意を取付けているものが多い。日本の場合毎週2回火曜日と金曜日に定例閣議があり,そのほか臨時閣議や,各大臣を一堂に集めることなく書類を各大臣に回して合意を取付ける持回り閣議がある。法制上内閣がその職権を行使するために開かれる会議で,内閣総理大臣が主宰し,各大臣は案件のいかんを問わず内閣総理大臣に提出して閣議を求めることができる (内閣法4) 。閣議事項の整理その他を行うため,内閣に内閣官房などが設置される (12条) 。また,内閣提出の法律案や予算案の決定のように憲法および法律上内閣の意思決定を要するとされている事項およびその他重要な案件について閣議で定めることを閣議決定といい,各省大臣の権限に属し閣議決定を要しない事項について,その重要性にかんがみ閣議に提出して全閣僚の了解を得ることが行われることを閣議了解という。また単に報告だけ行われる閣議報告もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

閣議
内閣は、合議体であって、内閣の意思は国務大臣が全員出席する閣議によって決めることを原則としている。したがって、国務大臣が海外出張する時には、当該大臣の臨時代理が前もって決められる。閣議は、総理大臣が主宰するが、実際の司会・進行は内閣官房長官が行う。閣議は週2回開催される定例閣議を原則とするが、状況に応じて臨時閣議が開かれることもある。また、案件に異議のないことを前提として閣議書を持ち回り、大臣の署名を得る持ち回り閣議が行われることもある。閣議での決定は、全員一致を原則とする。大臣の署名には伝統的に花押(かおう=書き判)が用いられている。閣議は円形のテーブルで行われ、席次は省庁の設置順である。閣議は秘密会であって、閣議の結論は、内閣官房長官を通じて外部に報告される。なお、閣議は決裁の場であって、国政の議論は閣僚懇談会で行われる。
(新藤宗幸 千葉大学法経学部教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

かく‐ぎ【閣議】
内閣がその職務を行うにあたり、意志を決定する会議。内閣総理大臣が主宰する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かくぎ【閣議】
合議体としての内閣の会議。議院内閣制のもとでは国家行政の最高意思決定機関であり,総理大臣が主宰する。もっとも日本では明治10年代に天皇の閣議臨御の例が多く,内閣制の母国イギリスでも18世紀初頭までは国王の閣議出席が支配的だった。アメリカやフランス等の大統領主宰型閣議はこの伝統の延長にある。天皇の閣議臨御は明治憲法体制発足後まれになるが,1945年の敗戦まで宮中で開かれた御前会議は閣議臨御の一変種とみることができる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かくぎ【閣議】
内閣がその職権を行うに際し、その意思を決定するために開く会議。内閣総理大臣が主宰する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

閣議
かくぎ
内閣が、その職務を行うにあたり、自らの意思を決定するために開く会議をいう。内閣総理大臣が主宰する。すべての大臣は、いかなる案件でも、内閣総理大臣に提出して閣議を求めることができる(内閣法4条)。
 閣議の議事については、すべて慣習法で定まっており、そのうちとくに重要なのは、閣議の議事が全会一致で決せられること、および閣議の内容について高度の秘密が要求されていること、の2点である。閣議の秘密を守ることは、それに列席する各大臣の重大な義務であり、彼らが大臣を辞めても、その秘密は守らなければならないと考えられている。また公の合議における議事は過半数で決するのが通例であるが、閣議についてはとくに全会一致で決すべきものとされているのは、内閣が連帯して国会に責任を負い、統一的な行動をとる必要があるためである。全会一致主義は通常、少数者の発言に過当な重さを与え、閣内の統合力が弱くなるおそれがある。そこで、日本国憲法は、内閣総理大臣に国務大臣罷免権を与え、この弊害を防ぐことにしている。閣議には、毎週の定日に開かれる定例閣議と、必要に応じて招集される臨時閣議とがある。各大臣が現実に集会して行われるのを原則とするが、案件が緊急の決定を要し、かつ比較的軽微で、意見の一致が得られることが明確な場合、便法として書類回付による「持回り閣議」も認められている。なお、意思決定の方法には、憲法、法律に定められた職務権限事項や重要政策事項について行われる「閣議決定」と、比較的軽微な事項で行政各部の連絡・統一を図るうえで適当と考えられる場合に行われる「閣議了解」とがある。このほか各主任大臣がその所管行政について閣議に報告する「閣議報告」がある。[池田政章]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かく‐ぎ【閣議】
〘名〙 内閣がその職務を行なうための会議。内閣総理大臣によって主宰される。
※東京日日新聞‐明治三〇年(1897)一月五日「大隈伯の入閣に関しては、閣議の一決せざること十七日の閣議と異なるなかりしかば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

閣議」の用語解説はコトバンクが提供しています。

閣議の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation