@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

閲覧室【えつらんしつ】

図書館情報学用語辞典

閲覧室
図書館で利用者が館内閲覧をするための部屋.閉架式書庫の場合は,と椅子のみの独立した閲覧室が設置されるが,開架式の場合は,書架と閲覧席が一体となることが多い.大学図書館では,学部学生,大学院生,教員の学習,研究のために独立した閲覧室を設けることが主流であり,また議論のできるグループ閲覧室やキュービクルと呼ばれる研究用個室が設置される傾向が見られる.貸出を重視するようになった中小規模の公共図書館では,独立した閲覧室は縮小,廃止される傾向にある.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

閲覧室」の用語解説はコトバンクが提供しています。

閲覧室の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation