@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

闇の奥【やみのおく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

闇の奥
やみのおく
Heart of Darkness
イギリスの小説家 J.コンラッド中編小説。 1902年刊。コンゴに派遣された船乗りのマーロー語り手となり,原始の圧倒的な自然を背景に,黒人の文明化という理想を破壊され,カリスマ的力で先住民を支配して略奪貿易を推進する白人クルツの死を語る。アフリカでの体験をもとにした,コンラッドの代表作の一つ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やみのおく【闇の奥】
《原題Heart of Darknessコンラッドの中編小説。1899年発表。欧州文明による植民地支配を主題とする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

やみのおく【闇の奥】
コンラッドの小説。1902年刊。コンゴの植民地に赴いた白人クルツが、原初的な世界を目のあたりにして自己崩壊していく過程を、語り手マーロウの目を通して語る。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

闇の奥
やみのおく
Heart of Darkness
イギリスの作家コンラッドの中編小説。1899年刊。マーロウ船長が、アフリカの奥地を訪ねたときの経験を語る、という形で書かれている。地図を見て暗黒世界の魅力に抗しきれず、コンゴ川をさかのぼった彼が現地で見たものは、人間性の暗黒だった。交易と称して実は支配と搾取を続けながら、自らも精神的に荒廃してゆく白人たち。とくに興味をひき強烈な印象を与えるのは、クルツという人物である。彼は現地人たちに神のごとく畏敬(いけい)され、象牙(ぞうげ)の収奪に狂気じみた執念を燃やす男であり、その最期をみとったマーロウは、巨大な空虚を感じて慄然(りつぜん)とする。異様な雰囲気とともに人間性の恐るべき深淵(しんえん)を象徴的に描いた名作。[高見幸郎]
『中野好夫訳『闇の奥』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

闇の奥」の用語解説はコトバンクが提供しています。

闇の奥の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation