@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

闕字【けつじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

闕字
けつじ
文章中のあるべき文字が欠落していること。『大宝令』の公式令には,文章中,天皇や高貴な人をさす言葉を書くとき,敬意を表するため,その言葉のすぐ上を1,2字分あけることという字の書札礼が規定されていた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けつじ【闕字】
文章を書くときの約束事の一つ。天皇に関連のある文字は,敬意を表すため,その上を少し空けること。元来,中国の制度で,大宝令制定のとき,日本でも採用した。すなわち大社や陵の名および乗輿,車駕,詔書勅旨,明詔,聖化,天恩,慈旨,中宮闕庭,朝庭,東宮,皇太子殿下などの文字がそれである。なお令には闕字よりさらに丁寧な平出(へいしゆつ)という方法を定めている。これは皇祖皇祖妣皇考皇妣(天皇の祖父母と父母),先帝,天子,天皇,皇帝,陛下などの文字や天皇の(おくりな)は,次の行の行頭に書くもの。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

闕字」の用語解説はコトバンクが提供しています。

闕字の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation