@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

阮福映【げんふくえい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

阮福映
げんふくえい
Ruan Fu-ying; Nguyên Phuc-Anh
[生]1762
[没]1820
ベトナム,阮朝初代の皇帝 (在位 1802~20) 。ベトナム音でグエン・フクアイン世祖年号により嘉隆帝ザロン帝ともいう。黎朝後期にベトナム南半部を支配していた阮氏一族で,1777年タイソン党の乱生残り,フランス人宣教師 P.ベーヌほかフランス人義勇兵の援助をも得て,阮氏の再興はかり,ついにタイソン勢力の打倒に成功。 1802年,ユエ (順化) を国都に,全ベトナムを統一支配する阮朝を開いた。皇帝を称したのは 06年。新王朝は中央集権的統治機構が整備され,対外関係にあまり積極的でなかったが,後代のように強固な鎖国政策はとらなかった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げん‐ふくえい【阮福映】
[1762~1820]ベトナム、阮朝(げんちょう)の初代皇帝。在位1806~1820。廟号(びょうごう)は世祖。年号により嘉隆帝とよばれる。フランス人義勇兵の援助を得て西山朝を滅ぼし、1802年にベトナム全土を統一。国号を越南(ベトナム)とし、順化(ユエ)に都した。グエン=フク=アイン。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

げんふくえい【阮福映】
1762~1820 ベトナム、阮朝の初代皇帝(在位1806~1820)。世祖。嘉隆帝。フランスの援助をうけ、ベトナム全土を統一。国号を越南とし、順化ユエに都した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

阮福映
げんふくえい / グエンフクアイン
(1762―1820)
ベトナム阮朝(グエン朝)初代の皇帝(在位1806~20)。廟号(びょうごう)世祖(せいそ)。諡(おくりな)は高皇帝。治世年間の年号によって嘉隆(かりゅう)帝(ザロン帝)と称される。黎(れい)朝(レ朝)後半期の南北抗争時代に南方を支配した広南(カンナン)の領主阮氏の10世、睿宗(えいそう)阮福淳(グエン・フク・トアン)の兄、阮福(こん)(グエン・フク・ルアン)の第3子。西山党(タイソン党)の革命軍と北方の領主鄭森(チンサム)の軍に挟撃された阮氏一族が、都城の順化(フエ)からベトナム南部の嘉定(ザディン)に追われて滅亡したとき(1777)、宗(そう)族のなかでわずかに生き残り、旧臣や在地の土豪を率いて西山軍と戦い続けた。1778年嘉定を奪回して大元帥摂国政を称し、西山党が鄭(てい)氏を倒し黎朝を滅亡させたのち、阮氏の王位を継いで国号を大越(ダイベト)ととなえ西山党と争ったが、82年タイランド湾(シャム湾)の富国島(プーコック島)に敗退した。ここでフランス人宣教師アドラン司教ピニョー・ド・ベーヌに長子阮福景(グエン・フク・カイン)を託してパリに赴かせ、ルイ16世に援助を請わせてフランス・安南攻守同盟条約を結ばせた。84年タイのクルンテープ朝(バンコク朝)ラーマ1世の支援を得てふたたび嘉定を奪回しようとしたが成功せず、翌年バンコクに亡命して反攻の機をうかがい、87年すでに全土を制覇していた西山党の内紛に乗じて河僊(ハティエン)に上陸し翌年嘉定を落とした。89年アドラン司教の斡旋(あっせん)で渡来したフランス人の加勢を得ると海陸より北伐を開始し、1802年に河内(ハノイ)を占領して国内を統一し、年号を嘉隆と定めた。04年清(しん)朝から越南国王に封ぜられると国号を越南(ベトナム)と改め、2年後に正式に即位して阮朝を創立した。
 海内統一ののち国都を順化に移し、黎制を重んじながら中央集権的専制体制への改革を目ざして六部(りくぶ)を中心とする官制を確立し、北城(ハノイ)と嘉定の総鎮を含めて全国を23鎮4営2道の行政区に分けて統治機構を整備した。また均給公田公土例や大清律例に倣った新法典「皇越律例」を発布し、嘉隆通宝の鋳造や国土縦貫道の建設、各地の城塞(じょうさい)、橋梁(きょうりょう)、港湾の修築を行うなど、内乱によって疲弊した内治の復興に努めた。対外的にはカンボジアやビエンチャン王国を朝貢させ、カンボジアに出兵してタイと対抗するなど積極策をとったが、国内統一にフランス人の力を頼ったために即位後もフランス人を厚遇し、のちにフランスがベトナムを侵略する素地をつくった。[川本邦衛]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げん‐ふくえい【阮福映】
ベトナム阮朝の初代皇帝。タイソン(西山)党の乱で各地を転々としたが、フランス軍の後援によって広南朝の旧領を回復。一八〇二年フエで即位し、国号をベトナム(越南)と定め、阮朝を創始した。世祖。嘉隆(ザロン)帝。グエン=フク=アイン。(一七六二‐一八二〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阮福映」の用語解説はコトバンクが提供しています。

阮福映の関連情報

関連キーワード

ピョートル3世ルソー(Jean-Jacques Rousseau)艇盗の乱ジョージ4世アンペール桃園天皇グルックビュート伯

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation