@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

防予諸島【ぼうよしょとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

防予諸島
ぼうよしょとう
山口県南東部から伊予灘の北部海域に広がる島嶼群。大島 (屋代島) ,長島,八島,平郡島 (以上山口県) ,中島,興居 (ごご) 島 (以上愛媛県) などから成る。大島は花崗岩から成る沈水島で瀬戸内海第3の島。傾斜地の段々畑でミカンを栽培する。長島にある上関は古い港。平郡島は土地共有制で知られる。中島は古くは伊予水軍の根拠地で,現在は野菜,ミカン栽培のほか酪農が発達。興居島はビワ,モモ,ナシの産地

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほうよ‐しょとう〔ハウヨシヨタウ〕【防予諸島】
山口県と愛媛県の間に連なる諸島周防(すおう)大島諸島・熊毛(くまげ)群島忽那(くつな)諸島などの総称。北に安芸(あき)、南に伊灘を分ける。一部は瀬戸内海国立公園に属する。名は旧国名周防国の「」と伊予国の「予」をとって付けられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうよしょとう【防予諸島】
周防(山口県)と伊予(愛媛県)の間の海域に分布する大島諸島と忽那(くつな)諸島をあわせた呼称。おもな島嶼(とうしよ)は山口県大島郡の屋代島(周防大島),愛媛県温泉郡の津和地島二神島,怒和(ぬわ)島,中島睦月(むづき)島,野忽那(のぐつな)島,松山市の興居(ごご)島などで,その属島も含め,瀬戸内海西部の多島海地域をなす。山口県と愛媛県を飛石状につなぐ諸島で,この島列の北側は安芸灘と斎(いつき)灘,南側は伊予灘がひらけ,島嶼間には諸島(もろしま)水道,部屋ノ瀬戸,釣島(つるしま)海峡などがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

防予諸島
ほうよしょとう

山口県大島郡の諸島と愛媛県の忽那(くつな)諸島を含む呼称で、両県を飛び石状に結び、防予島列ともいう。おもな島は、山口県の大島(周防(すおう)大島または屋代(やしろ)島)、情(なさけ)島、愛媛県の津和地(つわじ)島、二神(ふたがみ)島、怒和(ぬわ)島、中(なか)島、睦月(むづき)島、野忽那(のぐつな)島、興居(ごご)島などである。ほとんどが花崗(かこう)岩や安山岩からなる沈水島で、平地は少ないが、耕地率は高く、果樹栽培が盛ん。この島列の北は安芸灘(あきなだ)、斎(いつき)灘、南は伊予(いよ)灘で、島嶼(とうしょ)間の諸島(もろしま)水道、クダコ水道、釣島(つるしま)海峡は主要航路が通じ、付近はイワシ船引網やタコ壺(つぼ)、一本釣りなどの好漁場をなしている。中島の粟井(あわい)は海運業で知られ、大島の小松には大島商船高等専門学校がある。

[三浦 肇]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防予諸島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

防予諸島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation