@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

防人【さきもり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

防人
さきもり
古代,九州の辺要の地の守備にあてられた兵士。防人の初見は大化2 (646) 年。令制では防人司に属した。防人は諸国から徴発され,3年交代で九州の防備にあてられた。手続は,国司名簿を作成し,兵士を都へ送ると,都で兵部省の役人が検閲したのち,九州へ下し,防人司の役人が壱岐対馬などに配置した。史料によると天平2 (730) 年諸国から徴集した防人を廃止,重ねて同9年諸国からの防人を本国に帰還させ,九州の兵士にらせることにしたとある。さらに天平宝字1 (757) 年,東国の防人を徴することをやめ,九州の兵士をあてたが,天平神護2 (766) 年大宰府は東国の兵士を防人にあてることを申請している。以後,改訂を繰返したが,寛平6 (894) 年対馬の防人の記事が最後の所見。『万葉集』中の防人歌は,真情あふれているので有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さき‐もり【防人】
《「崎(さき)守(もり)」の古代筑紫壱岐対馬(つしま)など北九州の防備に当たった兵士。663年の白村江(はくそんこう)の戦い以後制度化され、初め諸国の兵士の中から3年交代で選ばれ、のちには東国出身者に限られるようになった。その後数度の改廃を経て、延喜(901~923)のころには有名無実となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼう‐じん〔バウ‐〕【防人】
中国代に辺境の防備にあたった兵。
さきもり」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

防人
七世紀半ばより、壱岐、対馬など九州北部防衛のため配属された兵士(ひょうじ)で「崎守」の意。任期は三年で、当初は東国、後に地方の兵士が送られ、大宰府の防人司の下、本土防衛にあたる一方農業に従事した。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

さきもり【防人】
日本古代の兵役の一つ。〈さきもり〉は崎守の意。律令制では21~60歳の男子は3年間の防人の軍役につく義務があった。ただし,実際には,防人の軍役は東海道,東山道地域の人々に限られていた。《万葉集》の防人歌は東国防人たちの歌であり,作者注記に国造丁,助丁,主帳丁,火長,丁などの言葉がみられることから,東国防人は旧国造(くにのみやつこ)軍の遺制を継承したものではないかと推測されている。防人の総数は約3000,その大半は筑紫地域,大宰府,壱岐,対馬に配置され,筑紫地域の内外の軍事情勢に活用された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さきむり【防人】
「さきもり」の上代東国方言。 -に立たむ騒きに家の妹いむが/万葉集 4364

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さきもり【防人】
律令制下、大陸からの侵入を防ぐ目的で九州北部の沿岸や壱岐・対馬つしまに派遣された兵士。白村江での敗戦(663年)以後整備され、諸国の兵士が3年交代で任に当たったが、730年から東国兵士に限った。その後数度の改廃を経たが、一〇世紀の初頭には有名無実となった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

防人
さきもり
古代の兵役。「防人」の用例は、中国唐(とう)でみられるが、日本であえて「崎守(さきもり)」と訓(よ)むのは、大陸に面する北九州地方の崎々に配され、防衛にあたったからである。防人の初見は『日本書紀』の大化(たいか)2年(646)条であるが、大化前代にも「夷守(ひなもり)」「島守(しまもり)」などというそれに類したものが置かれていたらしい。防人が実際に制度化されたのは、663年(天智天皇2)白村江(はくすきのえ)の戦いで、唐・新羅(しらぎ)軍に大敗してからである。令制(りょうせい)では、諸国から防人が難波津(なにわづ)に集められ、船で大宰府(だざいふ)に送られ、防人司(さきもりのつかさ)の統率下に入れられた。そして各地に配され、軍務に従事しつつ、空閑地を開墾したりして、食糧を自給していた。一般には3年で交替とされたが、年限を過ぎても帰郷が許されない者もいた。また、東国の兵士が任ぜられることが多かったのは『万葉集』の防人の歌(巻14、巻20)から知ることができる。737年(天平9)に諸国防人が廃止され、その帰郷の姿が天平(てんぴょう)10年度の正税帳(しょうぜいちょう)からうかがうことができ、「周防国(すおうのくに)正税帳」からは約1900人を数える。これに備前(びぜん)児島(こじま)に向かった者を加えて総勢約2300人前後となるが、これがほぼ防人の構成員であったとみなされる。東海道の遠江(とおとうみ)、駿河(するが)、伊豆(いず)、甲斐(かい)、相模(さがみ)、安房(あわ)、上総(かずさ)、下総(しもうさ)、常陸(ひたち)、東山道(とうさんどう)の信濃(しなの)、上野(こうずけ)、下野(しもつけ)、武蔵(むさし)から東国防人は徴発されていたようである。その後、復活・改廃があり筑紫(つくし)の兵にゆだねるようになったが、延喜(えんぎ)(901~923)のころには有名無実となった。[井上辰雄]
『岸俊男著「防人考」(『日本古代政治史研究』所収・1966・塙書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さき‐むり【防人】
〘名〙 「さきもり(防人)」の上代東国方言。
※万葉(8C後)二〇・四三六四「佐伎牟理(サキムリ)に発(た)たむ騒きに家の妹(いむ)がなるべき事を言はず来ぬかも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さき‐もり【防人】
〘名〙 (「崎守(さきもり)」の意) 奈良・平安時代に辺境防備に当たった兵士。特に筑紫、壱岐、対馬など北九州を防衛した兵士で、諸国より徴発されたが、天平二年(七三〇)以後は東国の兵士をこれにあてた。任期は三年。毎年二月に兵員の三分の一が交代した。
※令義解(718)軍防「凡兵士向京者名衛士。守辺者名防人

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せき‐もり【防人】
※書紀(720)孝徳二年正月(北野本訓)「初て京師(みさと)を脩め、畿内(うちつくに)の国の司、郡司、関塞(せき)、斥候(やかた)、防人(セキモリ)、駅(はい)馬、伝馬(つたへむま)を置く」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼう‐じん バウ‥【防人】
〘名〙
① 中国唐代に辺境を守った兵。
② 古代、九州地方海岸の警備にあたった兵士。さきもり。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

防人
さきもり
律令制において,九州警備に配置された兵士
諸国軍団の兵士から選び,兵部省の支配下に属し,現地では大宰府の管轄下に入った。3年交替で勤務。装備・往復食糧は自弁であった。730年東国兵士に限るようになり,10世紀前半まで続いた。『万葉集』におさめられた防人の歌は有名である。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

防人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation