@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

阿久悠【あくゆう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

阿久悠
あくゆう
[生]1937.2.7. 兵庫
[没]2007.8.1. 東京,港
作詞家,作家。本名深田公之。兵庫県の淡路島に生まれ,1959年に明治大学文学部を卒業して広告代理店に入社。コマーシャル制作,番組企画などに携わった。1965年に退職して放送作家として独立。1968年から作詞家として活動を始めた。演歌からポップスまで幅広く手がけ,生涯 5000曲を作詞したといわれる。1971年に尾崎紀世彦が歌った『また逢う日まで』で日本レコード大賞を初受賞したのち,『北の宿から』(1976,都はるみ),『勝手にしやがれ』(1977,沢田研二),『UFO』(1978,ピンク・レディー),『雨の慕情』(1980,八代亜紀)と受賞を重ね,ヒット曲を次々と発表した。テレビジョンのオーディション番組『スター誕生!』では,企画,審査員を務め,同番組から桜田淳子,山口百恵,小泉今日子らが誕生した。小説家としては,『瀬戸内少年野球団』(1979),「隣のギャグはよく客食うギャグだ」(『喝采』所収,1988)が直木賞候補となり,『殺人狂時代 ユリエ』(1982)は横溝正史賞を受賞した。1997年菊池寛賞,1999年紫綬褒章,2007年旭日小綬章を受けた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あく‐ゆう〔‐イウ〕【阿久悠】
[1937~2007]作詞家・小説家。兵庫の生まれ。本名、深田公之(ひろゆき)。広告代理店勤務、放送作家を経て作詞家となる。代表作は「また逢う日まで」「ジョニィへの伝言」「勝手にしやがれ」「津軽海峡・冬景色」など。また小説も手がけ、「瀬戸内少年野球団」などを執筆。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

阿久悠 あく-ゆう
1937-2007 昭和後期-平成時代の作詞家,小説家。
昭和12年2月7日生まれ。放送作家となり,昭和43年作詞をはじめる。「また逢う日まで」「北の宿から」「津軽海峡冬景色」などおおくのヒット曲を生む。54年小説「瀬戸内少年野球団」が直木賞候補となり,のち映画化された。平成元年兵庫エフエム会長。日本レコード大賞作詞賞など受賞多数。9年菊池寛賞。平成19年8月1日死去。70歳。兵庫県出身。明大卒。本名は深田公之(ひろゆき)。小説に「飢餓旅行」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

阿久悠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

阿久悠の関連情報

関連キーワード

マキノ雅広アゼルバイジャン共和国の要覧アラブ首長国連邦の要覧アルジェリアの要覧イタリアの要覧インドの要覧インドネシアの要覧ウガンダの要覧ウクライナの要覧ウルグアイの要覧

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation