@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

阿久根[市]【あくね】

世界大百科事典 第2版

あくね【阿久根[市]】
鹿児島県北西部の天草灘に面する港市。1952年市制。人口2万7506(1995)。市の大部分は出水いずみ山地西部の山地で平地に乏しく,西流する高松川河口だけに小平野が開け,古くから地方の小中心であった。阿久根港,倉津港などの良港があって,アジ,サバ,イワシ,タイなどが水揚げされ,水産加工も盛んである。1912年波留(はる)地区に温泉(食塩泉,43~46℃)が発見され,観光保養地としても着目され,沿岸2kmにある大島を含めた県立自然公園が53年に成立した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

阿久根[市]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

阿久根[市]の関連情報

関連キーワード

キモトリプシン岡山県の要覧劉邦平成の大合併高祖駅伝競走馬王堆漢墓マラソンレース白金劉 邦

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation