@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

阿保【あお】

世界大百科事典 第2版

あお【阿保】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

阿保
あお

三重県中西部、伊賀市(いがし)の一地区。旧阿保町。中、近世に大和(やまと)と伊勢(いせ)を結ぶ初瀬(はせ)街道の宿場であった。現在も常夜灯や当時のおもかげを残す家並みがある。国道165号が通じ、近畿日本鉄道大阪線青山町駅がある。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あ‐ほう【阿保】
〘名〙 母または乳母(うば)のこと。
※随筆・夏山雑談(1741)三「阿保とは、乳母の事を云ふなり。これを、古より、あこと訓ずるなり、ほとこと同音、通ずるにや、西国辺にて、母をあほうと云ふ所もあり、是に因るなるべし」 〔史記‐范雎伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿保」の用語解説はコトバンクが提供しています。

阿保の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation