@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

阿倍内麻呂【あべのうちまろ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

阿倍内麻呂
あべのうちまろ
[生]?
[没]大化5(649).3.17. 大和
古代の豪族。倉梯麻呂 (くらはしまろ) ともいう。大化改新の推進者で,大化1 (645) 年,初代の左大臣となる。その娘小足媛は孝徳天皇

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あべのうちまろ【阿倍内麻呂】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

阿倍内麻呂
あべのうちまろ
(?―649)

最初の左大臣。一名倉梯麻呂(くらはしまろ)。蘇我入鹿(そがのいるか)が殺され孝徳(こうとく)天皇が即位するとただちに左大臣に任命され、大化改新の枢機に参画した。しかし積極的に革新的政策を打ち出したかどうか疑わしい。その女(むすめ)小足媛(おたらしひめ)は孝徳即位前にその妃となっていたので、臣下の長老として徳望から左大臣に任ぜられたものであろう。648年(大化4)に四天王寺に僧尼を請(しょう)じ4躯(く)の仏像を迎え塔内に安置し、霊鷲山(りょうじゅせん)の像をつくった。大鳥大臣と号した。

[横田健一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

阿倍内麻呂
あべのうちのまろ
?〜649
改新政府の左大臣
倉梯麻呂ともいう。娘は孝徳天皇の妃で,有間皇子を生んだ。大化の改新後,改新政府の左大臣となり,右大臣蘇我倉山田石川麻呂とともに国政参画。穏健派豪族長老として重要な地位を占めた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

阿倍内麻呂 あべのうちの-まろ

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

阿倍内麻呂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

阿倍内麻呂の関連情報

関連キーワード

マルチヌス1世テオドルス1世李世民太宗南詔ソンツェンガンポ太宗[唐]保険証券マクシモス李 世民

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation