@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

阿野全成【あののぜんせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

阿野全成
あののぜんせい
[生]?
[没]建仁3(1203).6.23. 下野
鎌倉時代,源義朝の子。母は常盤御前義経の同腹の。幼名は今若丸。平治の乱後,死を許されて醍醐寺に入り全成といったが,頼朝の挙兵に呼応し,遠江阿野荘に拠った。建仁3 (1203) 年5月,謀反の疑いで捕えられ,翌月下野で殺された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

阿野全成 あの-ぜんじょう
1153-1203 平安後期-鎌倉時代の武将。
仁平(にんびょう)3年生まれ。源義朝の子。母は常盤御前(ときわごぜん)。源義経の兄。阿野時元の父。平治(へいじ)の乱で父が敗死,京都醍醐(だいご)寺のとなる。治承(じしょう)4年兄源頼朝の挙兵に応じる。のち駿河(するが)(静岡県)阿野にすみ,阿野冠者(あののかじゃ)と称した。建仁(けんにん)3年謀反容疑で捕らえられ,6月23日殺された。51歳。幼名は今若。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あのぜんじょう【阿野全成】
1153?‐1203(仁平3?‐建仁3)
鎌倉初期の武士。源義朝の子。母は常盤。義経の兄,頼朝の異母弟。幼名今若。平治の乱後,醍醐寺に入れられ悪禅師と号した。1180年(治承4)頼朝の挙兵にあたり京都から下向して参加し,駿河国阿野に住した。北条時政の女阿波局(源実朝の乳母)を妻としていたが,1203年謀反の疑いありとして将軍頼家により逮捕されて殺され,ついでその子頼全も京都で殺された。【佐藤 圭】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

阿野全成」の用語解説はコトバンクが提供しています。

阿野全成の関連情報

関連キーワード

一幡仁田忠常比企能員玉葉ダッビー澄憲仁田忠常アレクシウス3世

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation