@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

阿閦【あしゅく】

世界大百科事典 第2版

あしゅく【阿閦】
大乗仏教の初期に考えだされた仏。サンスクリットAkṣobhya(〈不瞋恚(ふしんい)〉の)の音訳。147年漢訳の《阿閦仏国経》によると,過去世に一比丘が東方の妙喜国Abhiratiにおいて大日如来説法をきき,菩薩の誓願おこし,不瞋恚の誓いをたて,大日如来から〈阿閦仏となるべし〉との予言をうけた。現在,妙喜国を支配する仏となり,衆生にはその浄土への往生が勧められる。誓願・浄土・往生などの思想において阿弥陀仏思想と通ずるところがあるが,そのため阿閦は阿弥陀仏思想の影にかくれた存在となっていく。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

あしゅく【阿閦】
(akṣobhya の音訳。無動、不動の意) =あしゅくぶつ(阿閦仏)
※幸若・敦盛(室町末‐近世初)「こむだうの本尊はあしゅくほうしゃうみだしゃか、これまた大しの御作なり」 〔翻訳名義集‐一〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿閦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

阿閦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation