@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

降伏点【こうふくてん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

降伏点
こうふくてん
yield point
材料を常温で引張る場合,応力が比例限度をこえてある一点に達すると,急に応力がそれより少し低下して,応力はほぼ一定のまま,しばらくの間ひずみだけが増加する場合がある。焼鈍した軟鋼試験片はその代表的な例である。この現象降伏といい,降伏の始る点の応力 (上降伏点) と降伏が進行し続ける一定応力 (下降伏点) を合せて降伏点という (JISでは上降伏点を降伏点と規定している) 。上降伏点は試験片の形状,引張り速度,試験機の剛性などによって変る。降伏現象は鉄そのものの特性ではなく,固溶されている炭素その他の状態によるとする説が有力である。 (→耐力 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうふく‐てん〔カウフク‐〕【降伏点】
物体に力を加えていったとき、弾性限界を超えて物体変形が急激に増加し、もとに戻らなくなるときの力の大きさ。降伏応力

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうふくてん【降伏点 yield point】
固体に荷重を加えていくとある値で塑性変形が発生する。この現象を降伏yieldingといい,そのときの応力を降伏点と呼ぶ。低中炭素鋼では明りょうな降伏が認められ,塑性変形の開始と同時にいったん応力は多少低下し,その応力で塑性変形が進展する。塑性変形の開始応力を上降伏点,進展する応力を下降伏点という。材料に塑性変形が生ずれば変形が過大になったり,荷重を取り除いても形が元に復元しなくなるなどの不つごうが構造に生ずる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうふくてん【降伏点】
応力の増加がほとんどないのに、急に歪が増して永久歪となる時の応力の値。物体に働く外力がその物体の弾性限界をこえると出現する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうふく‐てん カウフク‥【降伏点】
〘名〙 物体に働く外力を増加させた場合、応力とひずみとの比例関係がやぶれてひずみだけが増加するときの応力。これをこえると、物体は永久変形を生ずる。材料の機械的強度のめやす。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

降伏点
コウフクテン
yield point

応力が材料の弾性限界を超えて変形がはじまる点.このときの応力を降伏応力という.金属材料に外力が加えられると,まず結晶原子間の距離に変化が生じ,弾性的に変形する.外力がその材料の固有の値を超えると,特定結晶面(すべり面)の上下のブロックの間に相対的な移動が起こる.この変形は,弾性変形に比較して大きく,荷重変形曲線上で荷重の上昇がなく,急激に変形の進む点として認められる.鋼における降伏点はとくに顕著で,降伏点において荷重の低下が認められる.これは固溶炭素などによる転位の固着と解放の結果と考えられている.炭素鋼の場合,降伏を開始した応力を上部降伏点という.さらに変形を続けると応力は低下し,安定した値を示す.これを下部降伏点という.工業的にとくに指定のない場合,上部降伏点を降伏点という.炭素鋼以外の材料には降伏点における荷重低下がないため,通常,0.2% の永久変形をする値を降伏点として用いる.これは耐力(0.2% 耐力)ともよばれる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

降伏点」の用語解説はコトバンクが提供しています。

降伏点の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation