@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

降海型【コウカイガタ】

デジタル大辞泉

こうかい‐がた〔カウカイ‐〕【降海型】
湖や河川で生まれ、海に下って成長する生態型サケ・マスなどに見られ、産卵の際は遡河(そか)する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

降海型
こうかいがた
sea run form

一生の大部分を海洋で生活し、河川や湖沼で繁殖する魚類の生態型。一生淡水で生活する陸封型の対語として用いる。いわゆる遡河魚(そかぎょ)で、ヤツメウナギ類、チョウザメ類、サケ・マス類などにこの型がある。サケ・マス類では降海型と陸封型は別の名前でよばれている。降海型のベニザケは陸封型ではヒメマス、同様にサクラマスはヤマメ、サツキマスはアマゴ、アメマスはエゾイワナ、スチールヘッドはニジマスなどである。降海型は陸封型より広くて安定した環境にすみ、餌(えさ)も相対的に恵まれている。そのため、成長がよくて大形になり、寿命も長く、産卵数が多くて繁殖能力も大きい。たとえば、陸封型のヒメマスは最大の全長が40センチメートルにすぎないが、降海型のベニザケはその倍の大きさに成長する。

 淡水で成育した稚魚が降海するに先だって、浸透圧の調節など海での生活に耐える体制が整えられる。水温が上がったり、日照時間が長くなったりすることなどが降海への要因になる。サケ科魚類は海水適応能力を獲得すると体色が銀白色に変化し、その個体またはその状態は銀毛(ぎんけ)とよばれる。降海の習性は同種でも性によって異なることがあり、サクラマスでは雌に降海型が多く、陸封型の多くは雄である。また、降海型のサクラマスを両親とした稚魚がすべて降海型となるわけではない。一方、陸封型の雌雄からも降海型と陸封型ができる。

[落合 明・尼岡邦夫 2015年1月20日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうかい‐がた カウカイ‥【降海型】
〘名〙 淡水域で産卵し、その生活史の一部分を海域でおくる習性をもつ魚類をいう。ベニマス、サクラマスなど。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

降海型」の用語解説はコトバンクが提供しています。

降海型の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation