@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

限界状況【げんかいじょうきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

限界状況
げんかいじょうきょう
Grenzsituation
ドイツの哲学者カール・ヤスパースの用いた哲学概念で,人間存在を限界づける状況の意。「極限状況」とも訳される。『哲学入門』 (1950) では,死,苦悩,争い,偶然,罪などが限界状況として考えられ,これら限界状況の経験はわれわれを絶望のなかに突落すが,しかしわれわれは絶望に直面したときに初めて真の自分となることができ,包越者 das Umgreifendeが現れ出るとされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げんかい‐じょうきょう〔‐ジヤウキヤウ〕【限界状況】
ヤスパース実存哲学における重要概念。人間存在としての実存が避けることのできない死・苦悩・争い・罪などに直面している状況。極限状況。
従来の環境への適応手段が、全く役立たなくなった状況。環境の変化が大きすぎて、社会的に慣習化された適応手段による処理が、不可能になったとき起こる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げんかい‐じょうきょう ‥ジャウキャウ【限界状況】
〘名〙 (Grenzsituation の訳語) 人間がその生存において避けることも乗り越えることもできない根源的な状況。人間の存在が本質的に持っている絶対的な限界で、死・苦悩・罪責・二律背反などがこれにあたる。ドイツの哲学者ヤスパースの用語。極限状況。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

限界状況」の用語解説はコトバンクが提供しています。

限界状況の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation