@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

限界【ゲンカイ】

デジタル大辞泉

げん‐かい【限界】
物事の、これ以上あるいはこれより外には出られないというぎりぎりの範囲。限り。「広葉樹分布の限界」「能力の限界を知る」「体力の限界に挑戦する」
[用法]限界・限度――「疲労が限界(限度)に達している」「限界(限度)を超える」などでは、通じて用いられる。◇「限界」は、それ以上進めなくなるところというが強く、「限度」は、あらかじめそこまでと限られたところという意が強い。◇「体力能力)の限界を感じた」は「限度」に置き換えられないし、「有給休暇は二週間を限度とする」は「限界」に置き換えられない。◇類似の語に「極限」がある。「極限」はぎりぎりのところという意が強く、「能力の極限に挑む」などのほか、「極限状態」のような熟語も生む。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

げんかい【限界】
スル
物事の及ぶ一番端。その状態をもちこたえることのできるぎりぎりのところ。かぎり。 体力の- 我慢もこれが-だ
二つのものの間を境界で区切ること。 臣従と君主との両間に於て権利を-するの要あることなし/民約論

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げん‐かい【限界】
〘名〙
① 物事の範囲、能力、程度などの、これ以外、これ以上は無いという、ぎりぎりのところ。かぎり。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉六「事の想像に一層の限界を明にして」 〔宋史‐劉随伝〕
② (━する) 区域を限ること。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉四「万里長城にて、永く政化を限界したるは、各種の民族へ一種の政治を被らしむべからさることも亦明かなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

限界」の用語解説はコトバンクが提供しています。

限界の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation