@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

院内【いんない】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

院内
いんない
大分県北部,宇佐市南西部の旧町域。駅館川支流の恵良川流域にある。 1955年内村,南院内村,東院内村,高並村,両川村の5村が合体,1960年町制。 2005年宇佐市,安心院町と合体し,宇佐市となる。河岸段丘上はおもに水田で,山地には棚田もみられる。米,野菜,シイタケなどを産するほか,畜産も行なわれる。大門の竜岩寺奥院礼堂および安置される体仏は国の重要文化財。西椎屋の,大谷渓谷,岳切渓谷,鹿嵐山景勝地として知られ,余川上流には国の天然記念物のオオサンショウウオ生息地がある。耶馬日田英彦山国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

院内
いんない
秋田県南西端,にかほ市北東部の旧村域。仁賀保高原に位置する。 1889年村制施行。 1955年平沢町,小出村と合体して仁賀保町となり,2005年金浦町,象潟町と合体してにかほ市となった。石油天然ガスの産出地であったが,現在採掘は行なわれていない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いん‐ない〔ヰン‐〕【院内】
病院・寺院など、院とつく名の建物組織内部。特に、衆議院参議院の内部。⇔院外

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いんない【院内】
衆議院・参議院の内部。 -交渉団体
院と名のつく施設・機関の内部。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

院内
いんない
大分県北部、宇佐(うさ)郡にあった旧町名(院内町(まち))。現在は宇佐市の南部西寄りにあたる地域。旧院内町は1960年(昭和35)町制施行。2005年(平成17)宇佐市に合併。国道387号、500号が走り、宇佐別府道路の院内インターチェンジがある。宇佐市中心部からバスが通じる。駅館(やっかん)川が耶馬渓(やばけい)溶岩台地を侵食する所で、段丘面と上流谷壁の水田作が主産業。スギ、タケ、シイタケの林産もある。大門(だいもん)の龍岩寺奥院礼堂(りゅうがんじおくのいんらいどう)は、平安様式の懸造(かけづくり)で、藤原時代の3体の木造仏像(阿弥陀(あみだ)如来、薬師如来、不動明王)とともに国指定重要文化財。駅館川上流、余(あまり)川には特別天然記念物のオオサンショウウオが生息する。西椎屋(にししいや)の渓谷、岳切(たっきり)渓谷、大谷渓谷は深耶馬渓式風景である。[兼子俊一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いん‐ない ヰン‥【院内】
[1] 〘名〙
① 院の御所の内部。〔文明本節用集(室町中)〕
② 院の称のある施設、機関の内部。
(イ) 寺院の中。
※日葡辞書(1603‐04)「Innai(インナイ)〈訳〉テラの中」
(ロ) 衆議院や参議院の内部。
※日本国憲法(1946)五八条「院内の秩序をみだした議員を懲罰することができる」
(ハ) 病院の中。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「右に病男を入れ、左に病女を入るる、近来院内に説教室を設けやや備成せり」
③ 祈祷また、遊芸を業とした人々。土御門家や興福寺その他の社寺の支配に属するものがあったところからいう。近畿から中部地方に広く分布し、地名に残るものも多い。
※諸国風俗問状答(19C前)備後国深津郡本庄村風俗問状答「乞食 穢多諸国に有之、此外ササラ摺・茶筌作・院内・梓神子の類」
[2] 秋田県南部、湯沢市の地名。雄物川の上流にあり、旧羽州街道の宿駅。江戸初期に発見された銀山の町として発展した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

院内」の用語解説はコトバンクが提供しています。

院内の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation