@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

院号【いんごう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

院号
いんごう
院を末尾に付して示す名称。寺を意味する場合と人を意味する場合がある。前者は独立の寺院を示したり,また,付属の建築物をさす場合がある。人を意味する場合は,元来,退位した天皇の住む建物を意味し,またそれに住む上皇をもさしたが,さらに普遍化され,皇后,ひいては江戸時代の大名にも用いられた。武士は一般に死後の名を得,これがのちに死者の法名に院を付する起源となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いん‐ごう〔ヰンガウ〕【院号】
上皇に対する尊称。「高倉院」「後鳥羽院」など。
皇太后准母など皇族の女性で、上皇に準じた待遇を受ける人への尊称。「建礼門院」「東三条院」など。
その人の建てた菩提寺(ぼだいじ)や居住した僧院称号をもって貴人をよぶ敬称。「法興院(藤原兼家)」「等持院(足利尊氏)」「前唐院(慈覚大師)」など。
戒名または法名で「院」の字を含むもの。古くは貴人の場合に限られた。
年功を経た修験者(しゅげんじゃ)をよぶ呼び方。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葬儀辞典

院号
戒名に『院』の付くもので、最上の尊称。

出典:葬儀ベストネット
Copyright Interlink. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、内容は地域・宗派によって異なる場合があります。

世界大百科事典 第2版

いんごう【院号】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いんごう【院号】
上皇・皇太后・准母などの尊号。
貴人の建立した寺院の称号。また、その貴人の称号。
死者の戒名につける「院」のついた称号。
年功を経た修験者しゆげんじやにつける称号。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

院号
いんごう
法名(ほうみょう)、戒名(かいみょう)の上に冠する最上の尊称。院とはもともと垣や回廊のある建物の意で、官庁や寺の称号であったが、天皇譲位後の御所の呼称に用いられるようになった。さらに10世紀初めの嵯峨(さが)天皇、淳和(じゅんな)天皇が、その居院によって嵯峨院、淳和院と称されて以来、高貴の人の尊称に転じた。10世紀末には一条(いちじょう)天皇の母が東三条(ひがしさんじょう)院と号して女院院号が、関白藤原兼家(かねいえ)が法興(ほうこう)院と号して摂関家院号が始まった。その多くは入道隠棲(いんせい)した寺院名を冠するものであった。やがて足利尊氏(あしかがたかうじ)がその開創にかかる等持院によって等持院殿と称されて以来、歴代将軍は公家(くげ)と区別して院殿号を冠した。江戸時代に院殿号は武家一般に用いられ、院号より上位とされた。一方、僧侶(そうりょ)間では、円仁(えんにん)が前唐(ぜんとう)院、円珍(えんちん)が山王(さんのう)院と称したごとく早くから用いられ、主として天台宗、真言宗の門跡(もんぜき)寺院で冠されていた。浄土真宗では蓮如(れんにょ)以来法主(ほっしゅ)がこれを冠し、本願寺が門跡を勅許されて以後、末寺僧侶に及んだ。浄土宗では功績のあった僧侶に三字院号を与え院家(いんげ)に列した。江戸時代にはこうして武家や僧侶に普及し、また特定の民衆にもこれを冠するようになった。[大桑 斉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いん‐ごう ヰンガウ【院号】
〘名〙 もと、天皇が譲位の後に居住した後院の名をその人のおくり名としたもの。
① 上皇や在位中に没した天皇あるいは女院などに付ける尊称。嵯峨院、東三条院など。
※後二条師通記‐寛治七年(1093)正月一九日「頭弁季仲仰云、中宮院号事也〈略〉上東門院、陽明門院等、可被因准何例」
② 一般に臣下、武将、僧侶などの貴人が建立した寺院の称号。また、その貴人の別称。たとえば、法興院、鹿苑院など。
※称呼私弁(1865)「院号、其始非天子称。中古藤原氏執柄時、兼家公号法興院。是其始也」
③ (①から転じて) 一般に死者の戒名(または法名)に付ける「院」の付く称号。
※雑俳・柳多留‐一一(1776)「狼に衣てかけの御院ごう」
④ 修験者などの年功を積んだ者に付ける称号。
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)中「おん油屋仲間の山上講、俗体乍ら数度のお山、ゐんがう請たる若手の先達」
⑤ 病院など、「院」の付いたものの称号。
※魔風恋風(1903)〈小杉天外〉後「車夫の事だから、院号で無く、其の院長の苗字で答へる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

院号」の用語解説はコトバンクが提供しています。

院号の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation