@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

院本【インポン】

デジタル大辞泉

いん‐ぽん〔ヰン‐〕【院本】
《「行院本」の。行院は、中国の金・元時代の俳優の居所
時代に演じられた演劇の一。また、その脚本
義太夫節浄瑠璃正本丸本(まるほん)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いんぽん【院本 Yuàn běn】
中国の古典劇一種参軍戯を発展させて宋代に生まれ,その治下では〈雑劇〉とよばれたファルス(笑劇)の,金・元・明3朝における呼称。歌舞練場ないし妓女芸人をさす〈行院〉の脚本を意味する語が,ただちに形体名に用いられた。末泥,引戯,副浄,副末という4種の役がらによって上演され,ときに官人役の装孤を加えるので,〈五花爨弄(ごかさんろう)〉の名もある。700余編に及ぶ外題が伝わるのみで,脚本そのものはすべて散逸したが,元代の本格的な演劇すなわち同名異質の〈雑劇〉中に挿演されたものから想定すると,だじゃれとおどけたジェスチャー応酬に終始し,最後にユーモラスな歌の1,2曲がうたわれたとわかる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

院本
いんぽん

(1)中国、金(きん)・元(げん)代の演劇。当時、芝居芸人たちの居所を行院(こういん)といい、転じて芸人たちをもそうよんだが、その行院の芝居が用いた脚本の意である。形式は宋(そう)雑劇と同じとされるが、5人の役者で上演されたといい、諧謔滑稽(かいぎゃくこっけい)に限られない幅広い題材を扱うようになっており、宋雑劇が元雑劇に発展していく過渡の段階のものといえる。700種余の演目が記録されているが、脚本はすべて失われた。『金瓶梅詞話(きんぺいばいしわ)』や、二、三の元・明(みん)の雑劇に、その上演のようすが描かれていて、おおよその輪郭をうかがうことができる。元以降は、元雑劇と区別して宋雑劇も院本とよぶようになり、さらに広く芝居の類一般をさしていわれることもある。

[傳田 章]

(2)日本では、義太夫節(ぎだゆうぶし)の一曲全部を収めた版本を、普通、正本(しょうほん)または丸本(まるほん)と称したが、別に院本と書いて「いんぽん」または「まるほん」と読むこともあった。これは、中国の古い時代に演劇または脚本の意に院本という文字が用いられたことから、上方(かみがた)で中国の戯曲類の翻案が盛んに行われたころに、院本すなわち脚本と理解し、丸本に院本の字をあてたものと思われる。寛政(かんせい)期(1789~1801)の『草茅危言(そうぼうきげん)』という本に「浄瑠(じょうる)り本と云(いふ)は唐山(とうざん)にて所謂(いはゆる)院本也(なり)」とあるは、そのへんの事情を示すものと思われる。

[山本二郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いん‐ぽん ヰン‥【院本】
〘名〙
① 中国の金・元時代に行なわれた演劇の一種。南宋の雑劇に対して北方の金国に起こったもの。また、その脚本。
※草茅危言(1789)九「浄瑠り本と云は唐山にて所謂院本也」 〔輟耕録‐院本名目〕
② (①を脚本の汎称と解して) 浄瑠璃の詞章を、全編一冊にまとめて刊行したもの。浄瑠璃本。丸本(まるほん)
※草茅危言(1789)九「此院本の追々新作にて年々上梓する事夥き事也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

院本」の用語解説はコトバンクが提供しています。

院本の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation