@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

陣僧【ジンソウ】

デジタル大辞泉

じん‐そう〔ヂン‐〕【陣僧】
主に室町時代軍陣に同道して、戦死者供養をはじめ文書作成や敵方への使者を務めた

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じんそう【陣僧】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じんそう【陣僧】
室町時代、従軍して戦死者の回向えこうや将軍の文書係的役割などを果たした僧。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

陣僧
じんそう
「じんぞう」とも読まれ、中世、とくに室町・戦国時代に目だって活躍した僧体の軍使をさす。
 前九年の役(1051~62)のとき、行方不明となった源頼義(よりよし)の身を案じた武将が「軍(いくさ)の中には僧にあらずば入り難し、と云(い)ひて、忽(たちま)ちに髪を剃(そ)りて僧となりて戦の庭をさして行」ったという話(『今昔物語』巻25ノ13)からも知られるように、僧侶(そうりょ)は世俗には無縁のものというわけで、戦場を自由かつ安全に行き来することができたので、大将の側近にあって敵方へ使者として派遣されたり、文書作成、情報収集などに従事したりした。[横井 清]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じん‐そう ヂン‥【陣僧】
〘名〙 (「じんぞう」とも) 中世、武士とともに戦場へ赴き、臨終の念仏を勧めたり、菩提をとむらったりする僧。主に時宗の僧がつとめた。また、文筆の用をしたり、敵陣への使者となることもあった。
※足利季世記(1487‐1569頃)三好記「かの法師を陣僧に作り、廻状を書て彼の陣に送りける」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陣僧」の用語解説はコトバンクが提供しています。

陣僧の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation