@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

除目【じもく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

除目
じもく
朝廷の儀式で,大臣以外のを任命する行事。春,地方官を任じる県召 (あがためし) 除目,秋,京官を任じる司召 (つかさめし) 除目が主要なもので,ほかに,春宮 (とうぐう) の官人を任じる坊官除目や女官任命の女官除目などがある。また不時の目を臨時除目,小除目と呼ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じ‐もく〔ヂ‐〕【除目】
平安時代以降、大臣以外の諸官職を任命する朝廷の儀式。地方官を任命する春の県召(あがためし)の除目京官を任命する秋の司召(つかさめし)の除目のほか、臨時の除目もあった。除書

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じもく【除目】
除は旧官を除いて新官に就任するの,目は新官に就任する人名を書き連ねた目録の意。すなわち内外文武の諸官に任ずべき人を定めること,またその儀式をもいう。律令官職制度では,在京諸官司の官人を内官(ないかん)または京官,地方在勤のものを外官(げかん),また武器を携帯しないものを文官,携帯するものを武官とし,文官の人事式部省,武官の人事は兵部省でつかさどったが,いずれも欠員が生じたときは,直ちに後任者を補任するたてまえであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

除目
じもく

本来は任官といい、官職任命の政務。官に任ずることを除(じょ)といい、もとの官を去って新しい官につく意。中国で除目(じょもく)(除書(じょしょ))というのは任官の辞令であるが、日本では任官の行事を除目(じもく)と称した。定例のものに外官(げかん)除目、京官(きょうかん)除目があり、前者はおもに地方官を任ずるもので、中世以降は県召(あがためし)除目ともよばれた。儀式書では正月9日(のちには11日)よりとされるが、現実には一定していない。三夜にわたり行われる。後者はおもに中央諸司の官を任ずるもので、県召に対して司召(つかさめし)除目ともいい、初めは春の行事とされたが、のちには秋から冬に行われ、一夜が原則であった。除目は天皇親臨のもとに公卿(くぎょう)以下清涼殿(せいりょうでん)(摂政(せっしょう)が行う場合はその直廬(ちょくろ/じきろ))に参集し行われる。最高責任者は首席の大臣が務めるのが原則で、任官者を大間書(おおまがき)に記入していくので執筆(しっぴつ)という。

 内容を外官除目についてみると、第一夜は四所籍(ししょのしゃく)といって内豎所(ないじゅどころ)などに勤める下級の職員の年労(勤続年数)の多い者や、年給(ねんきゅう)(天皇、院、宮、公卿などに毎年給せられる推挙権)による申請者を諸国の掾(じょう)、目(さかん)に任ずることから始めて、上位の任官に進む。第二夜には外記(げき)、史、式部、民部の丞(じょう)、左右衛門尉(じょう)など重要な官司の実務官を任ずる顕官挙(けんかんのきょ)なども行われ、第三夜では受領(ずりょう)や公卿の任官に及ぶ。なお大臣は、別に大臣召(だいじんめし)という儀式で天皇の宣命(せんみょう)によって任ぜられ、除目では任官されない。除目の作法は先例尊重の非常に繁雑なもので、公家(くげ)政治が実質を失っても朝廷の儀式として近世まで存続する。

 儀式の次第は大江匡房(おおえのまさふさ)の『江家次第(ごうけしだい)』がとくに詳しく、『除目大成抄(じもくたいせいしょう)』『魚魯愚抄(ぎょろぐしょう)』『除目抄(じもくしょう)』なども重要な文献である。時代が下るが後醍醐(ごだいご)天皇の『建武年中行事(けんむねんじゅうぎょうじ)』は仮名書きであるのでわかりやすい。なお除目には臨時除目(小除目(こじもく))、女官(にょかん)除目、一分召(いちぶめし)(諸国の史生(ししょう)などの任官)などがあり、叙位がいっしょに行われる場合もある。また除目のあとに直物(なおしもの)が行われることが多い。

[黒板伸夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じ‐もく ヂ‥【除目】
〘名〙 (「除」は官に任命する、「目」は目録に記す意)
① 平安時代以降、京官、外官(げかん)の諸官を任命すること。また、その儀式。また、任官者を列記した帳簿。春秋二回あり、春の除目は県召(あがためし)除目といい、外官(国司などの地方官)を任命し、秋の除目は司召(つかさめし)除目といい、大臣以外の京官を任命するのを主とした。除目は公事の中で最も重要なもので、公卿(くぎょう)が三夜、清涼殿の御前に集まり、評定して行なう。また、摂政や上皇の御前において行なうこともあり、春秋除目のほか、臨時除目(小除目)、女官除目、一分召除目も行なわれた。除書(じょしょ)。じょもく。〔内裏式(833)〕
※枕(10C終)二五「ぢもくに司得ぬ人の家」
② 大臣を任命すること。任命するには任大臣の節会を行ない、宣命を以て任ずるが、これを除目と称することもある。同時に大中納言、参議を任命することもある。
※栄花(1028‐92頃)花山たづぬる中納言「十月二日除目ありて、関白殿、太政大臣にならせ給ひぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょ‐もく ヂョ‥【除目】
〘名〙 =じもく(除目)〔文明本節用集(室町中)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

除目
じもく
朝廷における大臣以外の諸臣任官の儀式
平安時代以後,明治時代まで行われた。定例は春秋2回。春は地方官を任命する県召 (あがためし) 除目(春の除目),秋は京官 (きようかん) を任命する司召 (つかさめし) 除目(秋の除目)。ほかに臨時の小除目がある。「除」は旧官を除去して新官につくの意。「目」は目録に記すこと。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

除目」の用語解説はコトバンクが提供しています。

除目の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation