@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

陪審【ばいしん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

陪審
ばいしん
jury
一般民衆を裁判に参加させる制度。イギリスアメリカ合衆国において発達した。審には,起訴するか否かを決定する大陪審と民事,刑事の審判において事実問題について決定する小陪審とがある。アメリカ合衆国憲法は両者について保障している。ドイツなどではしろうと裁判官と職業裁判官の混成で一つの裁判体を構成する参審制がとられている。日本でも 1928年に陪審法が施行されたが,あまり活用されず 1943年に停止された。日本国憲法には陪審制度についての定めはないが,検察審査会の制度は,大陪審にならってつくられたものといわれ,2009年には司法参加制度の裁判員制度が開始された。
英米法における陪審裁判は,フランク王国の糾問方法 inquisitionにその起源があるといわれているが,イギリスでは 13世紀頃から国王裁判所で利用されるようになった。陪審は,刑事陪審と民事陪審に分けられ,刑事陪審には通常 12人以上 23人以下の陪審員からなる大陪審(起訴陪審)と,通常 12人からなる小陪審(審理陪審)とがあった。普通に陪審制度といわれるのは後者である。大陪審は,非公開で,起訴が相当かどうかを決定するものであったが,費用がかかるので,1933年の裁判法と 1948年の刑事裁判法で廃止された。陪審裁判では,陪審が事実の認定を行ない,裁判官が法律問題を扱うが,その際の陪審の評決は,かつては全員一致でなければならなかった。ところが,刑事陪審については 1967年刑事裁判法で 10人の一致でよいとされ,民事陪審についても 1971年の裁判所法で同様な規定が設けられた。陪審制度がイギリス法に与えた影響は,きわめて大きい。すなわち実体法では,しろうとである陪審員が法を理解することができるように,法の常識化がはかられた。また,証拠法では,しろうとである陪審の判断の誤りを防止するために証拠の採否について厳格な証拠法則が発展した(→伝聞証拠)。さらに,訴訟法では 12人の陪審員が外部からの影響を受けないようにするために,公判から評決までの審理を継続的,集中的に短時間で行なう集中審理方式や,しろうとが理解できるように公判を口頭弁論と証人の交互尋問を中心に進める口頭主義の原則が発展した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ばい‐しん【陪審】
法律の専門家でない人が、裁判の審理に参加し、有罪・無罪の判断を行うこと。また、陪審員のこと。→陪審制度

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばいしん【陪審】
広い意味で陪審juryとは,司法に関与し一定の役割を担うために一般国民から選出された一団の法律の素人で構成される機関をいう。一般国民を,法律の専門家が中心となって運営する司法制度にどのような形で関与させるかは,国によりさまざまである。このなかで陪審の制度はイギリスやアメリカ合衆国の法制に特徴的なもので,素人が専門職の裁判官とは独立に,一定の職分を果たすところに特色がある。これに対して,ドイツなどヨーロッパ大陸法系の諸国では,一般人が専門職の裁判官とともに裁判官として事件を審理・裁判する〈参審制〉が行われている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ばい‐しん【陪審】
〘名〙 裁判の審理に陪席すること。裁判に、一般人が、専門家たちといっしょに参加すること。裁判に立ち会うこと。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉二「法庁に坐せる大吏よりして、陪審(〈注〉タチアヒ)の人に至るまで」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陪審」の用語解説はコトバンクが提供しています。

陪審の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation