@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

陰イオン交換樹脂

栄養・生化学辞典

陰イオン交換樹脂
 不溶性の合成樹脂で,表面に塩基性基をもつため,陰イオンと結合する性質をもつもの.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いんいおんこうかんじゅし【陰イオン交換樹脂】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

陰イオン交換樹脂
インイオンコウカンジュシ
anion-exchage resin

アンモニウム塩の構造をもつ固形またはゲル状の合成樹脂.アンモニウム塩の陰イオンは,水溶液中の陰イオンと交換される.合成樹脂はスチレン系,アクリル系などで,強塩基性陰イオン交換樹脂と弱塩基性陰イオン交換樹脂に大別される.強塩基性陰イオン交換樹脂はアンモニウム塩が第四級アンモニウム塩(-N(CH3)3(X))になっており,一般にはXを水酸化物イオンの形にして使用する.溶液中の陰イオンと交換し,OHを放出する.弱塩基性陰イオン交換樹脂は第三級アミン(-N(CH3)2)の構造になっており,一般に遊離塩基形で使用する.商品名としては,アンバーライト,スミライトなどがある.純水をつくるのに陽イオン交換樹脂とともに用いられるほか,アミノ酸・有機酸の精製,砂糖など食品の脱色,金属錯陰イオンの吸着,また医薬品として腹痛,肝機能障害のための陰イオン交換樹脂製剤として用いられる.膜状のイオン交換樹脂イオン交換膜とよばれる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陰イオン交換樹脂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

陰イオン交換樹脂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation