@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

陰唇【インシン】

デジタル大辞泉

いん‐しん【陰唇】
女性の外部生殖器一部(ちつ)と尿道を囲む皮膚ひだ外側大陰唇内側小陰唇とがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いんしん【陰唇 labium pudendi】
女性外陰部の一部で,大陰唇labium majus pudendiと小陰唇labium minus pudendiがある。大陰唇は男の陰囊にあたり,皮下脂肪に富んだ厚い皮膚のひだで左右1対あり,その間に陰裂をはさむ。上部では左右合して恥丘となる。思春期になると,恥丘と大陰唇の外側面には陰毛が発生する。表皮には脂腺,汗腺がよく発達し,真皮には平滑筋が豊富である。小陰唇は陰裂内にあって,男性の陰茎の皮膚に相当する左右1対の縦ひだで,大きさや形には個人差がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

陰唇
いんしん

女性外陰部の縦裂溝(じゅうれつこう)である陰裂を囲む皮膚のひだ状隆起部をいう。陰裂の両側で幅広い皮膚ひだは大陰唇といい、男性の陰嚢(いんのう)に相当する部分である。大陰唇は陰裂の前後で合流して前・後陰唇交連となる。大陰唇の内側には薄いひだ状の小陰唇があり、前方が高く、後方は低い。大陰唇の皮膚表面は平滑であるが、思春期以後は陰毛を生ずる。皮下脂肪が、とくに前半部に発達し、後方は平滑筋に富む。小陰唇は陰核近くでは2葉に分かれ、陰核を包んで左右小陰唇が合流する。小陰唇の外側面はメラニン色素のため暗赤色を呈するが、内側面は粘膜状で赤色を呈する。小陰唇の形には個人差がある。

[嶋井和世]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いん‐しん【陰唇】
〘名〙 女性の生殖器の一部。尿道口と膣(ちつ)口とを左右から囲む二重のひだ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陰唇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

陰唇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation