@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

陰核【インカク】

デジタル大辞泉

いん‐かく【陰核】
女性の外陰部小陰唇前部にある小突起。陰梃(いんてい)。クリトリス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へ‐の‐こ【陰核】
睾丸(こうがん)。
陰茎

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いんかく【陰核 clitoris】
クリトリスともいう。女性外陰部の一部で,左右の小陰唇が頭側で相会するところにあり,男性の陰茎に相当する。表面はうすい重層扁平上皮におおわれ,その下に粘膜固有層がある。上皮には毛や脂腺がない。陰核の先端を陰核亀頭と呼ぶ。陰核の内部には陰茎海綿体に相当する陰核海綿体を入れる。陰茎海綿体に比べるとはるかに小さいが,それと同じように不規則な形の海綿状の空洞と,洞壁に分散する平滑筋束からなり,充血すると膨大し硬くなる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

陰核
いんかく

女性外陰部(外生殖器)の細い割れ目、すなわち陰裂の前縁を囲む位置にあり、男性の陰茎に相当する。左右の恥骨下枝にそれぞれ付着する、長さ3~4センチメートルの小円柱状の陰核脚(陰核海綿体)が前方で合して逆V字形をつくる。先端部は陰核体で、その先端は小隆起の陰核亀頭(きとう)となり、この部分の外面は陰核包皮に覆われているが、知覚性神経終末が多く分布している。陰核包皮には粘液腺(せん)、脂腺もある。陰核は性的興奮によって海綿体組織の充血を生じ、勃起(ぼっき)する。

[嶋井和世]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いん‐かく【陰核】
〘名〙 女性の生殖器にある海綿体の小突起。生物学的には男性の陰茎に相当する。陰梃(いんてい)。ひなさき。クリトリス。さね。〔医語類聚(1872)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へ‐の‐こ【陰核】
〘名〙
① 睾丸(こうがん)。きんたま。へのこだま。〔十巻本和名抄(934頃)〕
② 陰嚢(いんのう)
※大唐西域記長寛元年点(1163)一「竊に自ら勢(ヘノコ)を割き」
③ 陰茎。
※新猿楽記(1061‐65頃)「謂閇(ヘノコ)大而如虹梁

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陰核」の用語解説はコトバンクが提供しています。

陰核の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation