@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【イン】

デジタル大辞泉

いん【陰】
易学で、陽に対置されて、消極的・受動的であるとされるもの。地・月・夜・女・静・偶数など。⇔
人目につかないこと。表面に現れない部分。⇔。→陰に

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いん【陰】[漢字項目]
常用漢字] [音]イン(漢) オン(呉) [訓]かげ かげる
〈イン〉
光の当たらない所。かげ。「陰影樹陰清陰緑陰
山の北側。「山陰
移りゆく日かげ。時間。「光陰寸陰
暗い。曇る。「陰雨夜陰
気分が晴れない。「陰鬱(いんうつ)陰気
表面に現れない。「陰徳陰謀
隠し所。性器。「陰萎(いんい)陰部陰門会陰(えいん)
(陽に対して)消極的、受動的な性質。「陰画陰極陰性陰陽太陰
〈かげ〉「陰口木陰(こかげ)日陰物陰山陰
[難読]陰陽師(おんようじ・おんみょうじ)陰陽道(おんようどう・おんみょうどう)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かげ【陰/×蔭/×翳】
《「」と同語源》
物に遮られて、日光や風雨の当たらない所。「木の―で休む」
物の後ろや裏など、遮られて見えない所。裏側。「戸の―に隠れる」「月が雲の―にかくれる」
その人のいない所。目の届かない所。「―で悪口を言う」「―で支える」
物事の表面にあらわれない部分。裏面。背後。「事件の―に女あり」「―の取引をする」
(翳)表にはっきり現れない、人の性質や雰囲気の陰気な感じ。「どことなく―のある人」
他の助け。庇護(ひご)。恩恵。現代では、ふつう「おかげ」の形で用いる。
「元はといえばかの西内氏のお―である」〈蘆花思出の記
正式なものに対する略式。「―の祭り」
[下接語]磯(いそ)陰岩陰片陰草陰草葉の陰小陰木(こ)陰木(こ)の下陰下陰島陰・谷陰・軒陰・葉陰花陰日陰目(ま)陰物陰・森陰・柳陰藪(やぶ)陰山陰

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほと【陰】
女性の陰部。女陰。
「―を衝(つ)きて死にき」〈・上〉
山間のくぼんだところ。
「御陵は畝火山の御(み)―にあり」〈・中〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おん【陰/飲/隠/蔭】[漢字項目]
〈陰〉⇒いん
〈飲〉⇒いん
〈隠〉⇒いん
〈蔭〉⇒いん

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集

古代中国において考えられた陰陽思想のこと。この世の森羅万象を「陰」と「陽」に分類することができると考えられる。この陰陽に基づく思想を陰陽思想・陰陽道といい、五行論とともに陰陽五行説に発展した。陰は「女性的」「従順」「止まる」「日陰」などの意味合いがある。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いん【陰】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

かげ【陰】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いん【陰】
物事の外から見えない隠れた部分。
易学の二元論で、陽に対するもの。地・月・夜・女・柔・静・暗・偶数など、消極的・受容的とされるもの。また、一般に沈鬱ちんうつで不活発なこと。
▽⇔ 陰陽
[句項目] 陰に籠る 陰に陽に

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほと【陰】
女性の陰部。女陰。 此の子を生みしに因りて、み-炙かえて、病み臥こやせり/古事記
山の間のくぼんだ所。 御陵は畝火山のみ-に在り/古事記

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

陰 (カゲ)
植物。日陰蔓別称。ヒカゲの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いん【陰】
〘名〙 (「いん」は「陰」の漢音、「おん」は呉音。古くは「おん」が普通)
① 易学で、陽に対置され、合わせて宇宙の根元となる気。能動的、積極的な陽に対して、受動的、消極的な事象の象徴とする。月・秋・冬・西・北・水・女・偶数・弱・静など。⇔よう(陽)
※雑談集(1305)一「男(なん)は陽、女(にょ)は陰也〈略〉南は陽、北は陰、女を北方(きたのかた)といへり」
※風姿花伝(1400‐02頃)三「夜は又陰なれば、いかにも浮々と、やがてよき能をして人の心花めくは陽也」 〔易経‐繋辞上〕
② 日のささないところ。ひかげ。山の北面。また、川の南岸の地をいう。〔山海経‐南山経〕
③ 陽気が衰え、陰気の盛んなときをいう。転じて、盛りを過ぎた四〇歳以上の年齢にもいう。
※太平記(14C後)四「春夏は陽の時にて忠賞を行ひ、秋冬は陰の時にて刑罰を専らにす」
④ 男女の生殖器。陰部。かくしどころ。また、男のそれを陽物というのに対して、特に女性器をさすこともある。
※十巻本和名抄(934頃)二「陰 釈名云陰〈今案、玉茎・玉門等之通称也〉蔭也。言其所在蔭翳也」
※色葉字類抄(1177‐81)「陰 イン ヲン 玉茎玉門等通称也」 〔漢書‐景十三王伝・広川恵王越〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おん【陰】
〘名〙
① 男および女の陰部。〔十巻本和名抄(934頃)〕
② 暗いこと。陰気。→陰(いん)
※浮世草子・真実伊勢物語(1690)二「けふはおばの日にてすこしおんを見たもうじゃなれば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かぎ【陰】
〘名〙 「かげ(陰)」の上代東国方言。
※万葉(8C後)二〇・四三八四「暁のかはたれ時に島加枳(カギ)を漕ぎにし船のたづきしらずも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほと【陰】
〘名〙
① 女性の陰部。女陰。ほとどころ。
※古事記(712)中「其の美人の富登(ホト)〈此の二字は音を以ゐる。下は此れに效ふ〉を突きき」
② 山間のくぼんだ所。→みほと(御陰)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

陰の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation