@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

陳覇先【ちんはせん】

世界大百科事典 第2版

ちんはせん【陳覇先】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

陳覇先
ちんはせん
(503―559)
中国、南朝(ちん)の創始者(在位557~559)。廟号(びょうごう)は高祖。諡号(しごう)は武帝。字(あざな)は興国。呉興長城(浙江(せっこう)省長興県)の人。油庫吏という微賤(びせん)の職から身をおこし、のち監始興郡となったとき、嶺南(れいなん)地方の土豪たちと侯景(こうけい)討伐軍を組織した。(かんすい)を下った甲士3万、舟艦2000からなる軍勢は、梁(りょう)の元帝が派遣した王僧弁(おうそうべん)軍と合流、552年、侯景を東方の海上に追い詰めて敗死させた。その功により南徐州刺史(しし)として京口(けいこう)(江蘇(こうそ)省鎮江)に鎮した。やがて北斉が傀儡(かいらい)として江南に送り込んだ梁の宗室の蕭淵明(しょうえんめい)を王僧弁がもり立てたことに反対してこれを建康(南京(ナンキン))に破った梁の元帝が西魏(せいぎ)に襲殺されると、敬帝をたて、敬帝の禅譲を受けて557年10月には陳王朝を開いた。しかし即位わずか2年、王朝の基礎がまだ固まらないうちに没した。[吉川忠夫]
『吉川忠夫著『侯景の乱始末記』(中公新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

陳覇先
ちんはせん
武帝[南朝陳]」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陳覇先」の用語解説はコトバンクが提供しています。

陳覇先の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation