@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

陵戸【りょうこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

陵戸
りょうこ
令制における賤民の一つ。天皇,后妃,皇親の陵墓の番人。のなかでは良民に近く,民と同額の口分田を支給され,調・雑徭を免除されたが,良民との通婚は許されず,戸籍は本籍地以外にも,別に1通を作成して,治部省管下の諸陵司で保管した。「別記 (べっき) 」によれば,常守 (陵戸) ・墓守は 84戸で,倭 (やまと) ・河内各 37戸,津・山代各5戸。また借陵守 (陵墓近在の良民) ・墓守は 150戸で,京 25戸,倭 58戸,河内 57戸,山代・伊勢・紀伊各3戸があった。ほかに陵守長・陵預 (りょうのあずかり) もおいた。 (→五色の賤 ,  )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りょう‐こ【陵戸】
律令制下の賤民(せんみん)の一。天皇・皇族の陵墓を守ることを世襲的なとした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りょうこ【陵戸】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

陵戸
りょうこ

古代に陵墓守衛にあてられた戸。大王(おおきみ)陵と大后(おおきさき)・王子らの墓それぞれを守衛した陵守(みささぎもり)と墓守(はかもり)を前身とし、691年(持統天皇5)の詔(みことのり)に初見。757年(天平宝字1)施行の養老令に初めて五色(ごしき)の賤(せん)の一つとされ、喪葬令(そうそうりょう)に陵を守るという職務が明文化、同職員令(しきいんりょう)に治部省(じぶしょう)諸陵司(しょりょうし)の管轄下に隷属し、陵戸籍に付すこと、同賦役令(ぶやくりょう)に課役(かえき)免除が規定された。また、同戸令(こりょう)では当色婚(とうじきこん)が強制された。同田令(でんりょう)に官戸官奴婢(かんぬひ)の口分田(くぶんでん)は良民と同額とあるので、陵戸にもこれが適用されたと思われる。陵戸が不足の場合、近隣の百姓(ひゃくせい)を指定して3年交代で守衛させたのが、守戸(しゅこ)である。

[門脇禎二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みささぎ‐べ【陵戸】
〘名〙 天皇のみささぎを守護する者。令制以前からあり、令制では諸陵司(後に寮となる)の監督下にあった。りょうこ。
※書紀(720)顕宗元年五月「加戮(ころ)さしめたまふに忍びずして、陵戸に充て、兼ねて山を守らしむ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りょう‐こ【陵戸】
〘名〙 天子の墓を守るもの。日本では、古代賤民の一つ。天皇・皇后・皇族の陵墓を守衛する陵守・墓守を出す戸。令制では治部省の諸陵司(のちに昇格して諸陵寮となる)に属した。
※律(718)名例「凡雑戸。陵戸犯流者。近流決杖一百。一加卅。留往倶三年」 〔魏書‐景穆十二王伝・任城王順〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

陵戸
りょうこ
律令制下,五色の賤の一つ
天皇・皇后の陵墓を守ることを世襲とした賤民。身分的には良民に近く,同額の口分田も与えられたが,課役は免除された。死者を忌む風習から賤民視された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陵戸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

陵戸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation