@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

陸封【りくふう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

陸封
りくふう
land-lock
本来は,海洋中あるいは洋と陸水両方を生活の場としている動物 (主として魚類) が陸水中のみにとどまり,そこで世代を繰返すようになることをいう。日本の中部以北の湖のヒメマスベニザケの陸封されたものであり,琵琶湖の小アユも降海するアユの陸封型である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りく‐ふう【陸封】
海、または海と陸水の両方で生活していた水生動物が、地形変化などにより陸水に封じ込められ、そこで世代を繰り返すようになること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りくふう【陸封 land‐lock】
海にすんでいた動物が汽水あるいは淡水湖沼などに封じ込められた結果,そこで淡水動物として世代を重ねるようになることをいう。甲殻類のアミの仲間は大部分が海産であるが,霞ヶ浦などで漁獲されるイサザアミは湖沼で一生を送る種で,海産系遺存種とも呼ばれる。またサケの仲間のように一生の間に淡水と海の間を往復する魚類のなかには,同種でありながら海へ下って海洋で育つものと,淡水中で一生を過ごして世代を重ねるものとがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りくふう【陸封】
スル
海産動物が地形的に海から切り離された湖沼などに封じこめられ、そこで淡水動物として世代を繰り返すこと。甲殻類アミの仲間のイサザアミなど。また、降海する性質の魚が、環境の変化などのために湖沼・河川に閉じこめられ、そこで繁殖するようになる現象をもさす。ヒメマス・ヤマメ、琵琶湖・池田湖などのコアユはその例。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りく‐ふう【陸封】
〘名〙 魚などが淡水中に封じ込められること。→陸封型
※日本沈没(1973)〈小松左京〉三「鮭鱒類が、地形の変動などによって陸封されてしまった場合は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陸封」の用語解説はコトバンクが提供しています。

陸封の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation