@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

陸橋【りっきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

陸橋
りっきょう
land bridge
過去に大陸や島の間を結んで生物の移動を可能にした陸地。今日,海で隔てられている地の動物相植物相が類似している場合,地質時代に存在した陸を通って生物の交流が行なわれたとする陸橋説によってしばしば説明される。新第三紀鮮新世にはシベリア北アメリカは陸橋で結ばれ,動物の移動があったと考えられ,第四紀氷期には,アジア大陸と日本列島は日本海の南北にあった陸橋で接続しており動物相の大部分が共通である。マレー諸島オーストラリア大陸新生代全期を通じてつながったことがなく,その動物相に非常な相違をきたしたと考えられている。大陸移動説,気候変化説と深いつながりをもつ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りっ‐きょう〔リクケウ〕【陸橋】
道路や鉄道線路などの上にかけた橋。りくばし。
地殻変動や海面低下のために大陸や島がつながり、生物が移動できるようになった細長い陸地。更新世の氷期にアラスカ・シベリア間に存在したベーリング陸橋など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りく‐きょう〔‐ケウ〕【陸橋】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りくきょう【陸橋】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

りっきょう【陸橋】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

りっ‐きょう リクケウ【陸橋】
〘名〙
① 道路や鉄道線路などを渡るために、その上にかけられた橋。
※赤光(1913)〈斎藤茂吉〉葬り火「陸橋にさしかかるとき兵来れば棺(ひつぎ)はしまし地(つち)に置かれぬ」
② 地殻変動や海面低下のために大陸や島がつながり、生物が移動できるようになった細長い陸地。更新世の氷期にアラスカ・シベリア間に存在したベーリング陸橋など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りく‐きょう ‥ケウ【陸橋】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陸橋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

陸橋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation