@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

陸水【りくすい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

陸水
りくすい
inland water
陸地に囲まれた水体。湖沼河川地下水,氷雪などに大別されるが,互いに独立して存在するものではなく,絶えずこの間を循環する。量的に最も多いのは氷河で,次いで地下水。水質は陸水中にはすべての元素が含まれると考えられ,主成分は,水体が存在する地域の地質が反映するので,日本の河酸化ケイ素ヨーロッパの河川はカルシウムを含むことが多い。陸水を研究する学問陸水学という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りく‐すい【陸水】
海水以外の、陸地にある水。沼水・河川水・地下水・氷河など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りくすい【陸水 inland water】
海洋に対して,陸地に囲まれたをいう。大部分淡水であり,地表氷河,河川,湖沼および土壌水,地下水に大別される。地球上の水は約14億km3である。その中の約97%は海水で陸水は約3%にすぎないが,資源としての価値は非常に高い。陸水中最大の量は南極,グリーンランドの氷床であり,以下地下水,淡水湖,土壌水,河川水の順となる。最も循環速度の大きいものは河川水の約10日であり,湖沼水は約10年,地下水約300年,氷河約1万6000年となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

陸水
りくすい
inland water

地球の表面およびその付近に存在する水のうち、海水と水蒸気を除いた水。その量は、地球上の水の総量の2.5%を占めるにすぎない。水の総量に対する陸水の割合は、氷河1.75%、地下水0.73%、淡水湖0.009%、塩湖0.008%、土壌水0.002%、河川水0.0001%である。河川水や湖沼水などの地表水のほか、地下水や土壌水として地中に、また雪や氷として固体の状態でも存在する。そのほとんどが淡水であるが、乾燥地域の湖沼や、深層の地下水には塩類を多量に含む水も多い。他の鉱産資源と異なり、陸水は循環していることが特徴で、太陽エネルギーやバイオマスbiomass(生物体総量)とともに、人類生存の基本となる再生可能な資源である。

[榧根 勇]

『山本荘毅編『陸水』(1978・共立出版)』『日本化学会編著『陸水の化学 季刊化学総説』(1992・学会出版センター)』『飯田貞夫著『やさしい陸水学 地下水・河川・湖沼の環境』(1993・文化書房博文社)』『青木斌ほか著『地球の水圏 海洋と陸水』(1995・東海大学出版会)』『渡辺仁治著『水への旅の道しるべ――陸水を旅して』(1996・近代文芸社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りく‐すい【陸水】
〘名〙 海水以外の、地球上にある水の総称。氷河、川、湖などの地表水と地下水とに大別する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陸水」の用語解説はコトバンクが提供しています。

陸水の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation