@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

陸風【りくふう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

陸風
りくふう
land breeze
海岸や海に近い地域で,夜間内陸から海上へ向かって吹く日中に海上から内へ吹く海風反対の風。陸風と海風の交代する日の出日の入り前後は,風が止まり「なぎ」となる。海風に比べ陸風は弱い。山が迫っている海岸では,山風といっしょになり,「だし」と呼ばれることがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りく‐かぜ【陸風】
海岸地方で、晴れた日の夜、陸から海へ向かって吹く風。穏やかな風で、陸軟風ともいう。りくふう。⇔海風(うみかぜ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りく‐ふう【陸風】
りくかぜ。⇔海風

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パラグライダー用語辞典

陸風
陽のあたる日中、比熱の低い陸地は暖まりやすく、地表では海から陸に向かって風が吹きこれを海風とよぶ。放射冷却が行われる夜間では陸地が冷え、相対的に暖かい海に向かって陸から風が吹き、これを陸風とよぶ。季節風に影響されない場合、上空ではそれぞれ逆の風が吹き、循環している。海風から陸風に、また陸風から海風に変わるとき風がなくなり、これを「なぎ」と呼び、通常、朝と晩に発生する。「なぎ」は山風・谷風の場合でも発生する。

出典:
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りくふう【陸風】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

りくふう【陸風】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

りく‐かぜ【陸風】
〘名〙 陸地から海へ吹く風。りくふう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りく‐ふう【陸風】
〘名〙 夜間、海岸地方で陸から海へ向かって吹く風。陸上の気温が海上よりも早く低下するために生じる。陸軟風。〔五国対照兵語字書(1881)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

陸風
りくふう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陸風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

陸風の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation