@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

陽成天皇【ようぜいてんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

陽成天皇
ようぜいてんのう
[生]貞観10(868).12.16. 京都
[没]天暦3(949).9.29. 京都
第 57代の天皇 (在位 876~884) 。名,貞明。清和天皇の第1皇子。母は尊称皇太后藤原高子。貞観 18 (876) 年践祚,同 19年1月即位したが,外伯父の藤原基経が関白として政務をとった。天皇は狂躁性があり素行に欠陥が少くなかったので,元慶8 (884) 年廃された。この廃立の際,左大臣源融皇胤であることを理由に天皇となることを希望したが,基経の意によって仁明天皇第3皇子時康親王 (光孝天皇) に議決したという。これにより藤原氏の権威が確立したが,有司を基経の私第につかわして庶事の決議を求めさせたことは,朝政が摂関家の政所に移る素因となった。陵墓は京都市左京区浄土寺真如町の神楽岡東陵。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ようぜい‐てんのう〔ヤウゼイテンワウ〕【陽成天皇】
[869~949]第57代天皇。在位876~884。清和天皇の第1皇子。名は貞明(さだあきら)。清和天皇の譲位により即位したが、乱行多く、関白藤原基経により廃された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

陽成天皇 ようぜいてんのう
869*-949 平安時代前期,第57代天皇。在位876-884。
貞観(じょうがん)10年12月16日生まれ。清和天皇の第1皇子。母は藤原高子。父の譲位により9歳で即位。母の兄で藤原良房の養子藤原基経(もとつね)が摂政となり,実権をにぎる。病弱の理由などで,17歳で譲位。天暦(てんりゃく)3年9月29日死去。82歳。墓所は神楽岡東陵(かぐらおかのひがしのみささぎ)(京都市左京区)。諱(いみな)は貞明(さだあきら)。
【格言など】筑波嶺(つくばね)の峰より落つるみなの川恋ぞ積もりて淵(ふち)となりける(「小倉百人一首」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ようぜいてんのう【陽成天皇】
868‐949(貞観10‐天暦3)
第57代に数えられる平安前期の天皇。在位876‐884年。清和天皇の第1皇子。母は藤原長良の娘で,基経の妹にあたる高子。諱(いみな)は貞明。869年(貞観11)に皇太子に立てられ,876年清和天皇退位のあと9歳で践祚。基経は引き続き摂政として政治の実権を握り,880年(元慶4)には関白に任ぜられた。天皇は882年に元服のを終えたころから基経と対立するようになり,宮中での殺人事件などが原因となって884年に退位,二条院に移った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ようぜいてんのう【陽成天皇】
868~949 第五七代天皇(在位876~884)。名は貞明さだあきら。清和天皇第一皇子。九歳で即位。関白藤原基経によって廃位させられた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

陽成天皇
ようぜいてんのう
(868―949)
第57代天皇(在位876~884)。清和(せいわ)天皇第一皇子。母は藤原基経(もとつね)の妹高子(たかいこ)。諱(いみな)は貞明。藤原良房(よしふさ)の邸染殿第(そめどのだい)に生まれ、3か月にして皇太子となり、そのまま染殿第で育った。9歳で清和天皇の譲位を受けて即位し、基経が前代に引き続いて摂政(せっしょう)となった。しかしその後数年にして天皇は乱行多く、881年(元慶5)ころから基経と対立が続いた。883年には天皇の乳母(めのと)紀全子(きのまたこ)の産んだ源益(みなもとのみつ)を殺したり、馬を愛好して宮中でひそかに飼わしめるなどのことがあった。ここに至って天皇と基経との対立は極に達し、翌年2月天皇は自ら病気を理由に譲位した。陵墓は京都市左京区神楽岡(かぐらおか)東陵。[福井俊彦]
『目崎徳衛著『平安王朝――その実力者たち』(1965・人物往来社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

陽成天皇 (ようぜいてんのう)
生年月日:868年12月16日
平安時代前期の第57代の天皇
949年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ようぜい‐てんのう ヤウゼイテンワウ【陽成天皇】
第五七代の天皇。名は貞明(さだあきら)。清和天皇の第一皇子。母は藤原長良の女高子。貞観一八年(八七六)に即位し、元慶八年(八八四)に光孝天皇に譲位した。御陵は京都市左京区の神楽岡東陵(かぐらおかひがしのみささぎ)。貞観一〇~天暦三年(八六八‐九四九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陽成天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

陽成天皇の関連情報

関連キーワード

トゥールーン朝トゥールーン朝アフマド・ブン・トゥールーン円珍王貞治トゥルーン朝ランタン大字ブログ地域ブランド

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation